苦手なこと

先週水曜日頃から、会社の仕事がプチ緊急事態(^^;;

カイシャでは通訳の他に、社会貢献系のプロジェクトを担当しているのですが、始めた時は小さかったプロジェクトが、いろんな人の協力やらアイデアやらが重なって、今じゃ自分でも理解ができない大きなカイシャのシステムを巻き込んだ規模になっています。

今回の問題はそのシステム(IT)関連のところで起きました。もう、そうなると私はいくらその説明を受けても、自分ではそれがどれぐらい難しい問題なのか、解決策がありそうなのか、あるのなら実現までにどれぐらいかかりそうなのか…、一切、想像がつかない f^^;

こうなると私にできることは、「この問題に関係する知識を持っていそうな人」「上部に対して影響力があり、問題の話を上(偉い人たち)にあげてくれそうな人」「気持ち的にサポーターになってくれそうな人」と、できるだけ早く、広く状況を共有し、助けを求めることのみ。実務的には一切役に立たず、自分以外の他のヒトがやってくれることのコーディネートしかできません。

こういうときに、つきなみですがつくづく、ヒトは一人でできることにはホント、限りがあると思います。いいかえれば、自分のチカラはたいしたことがなくても、ヒトとつながることが出来れば、自分の能力がなくても、様々なことが可能になるということ。

システム系の解決策ができたとしても、それを使う各事業所で働く現場のヒトたちがそれをやる負担がどれくらいなのか、現場にいたことがない私にはそれもわからない^^;;;

で、事務所から一番近い事業所のパートさんにいつも意見を聞きに行ったり、作業を見せもらったりして「現場だとどう感じるのか」を教えてもらっています。なんだかんだといつも走って仕事をしている忙しいその人に、困った時にいつも押しかけて質問しているのですが、今回もその人のところに質問に走りました。気持ちにはあまり余裕がなかったんだけど、追い込まれてる分、カンシャの気持ちがいつも以上に強かった。先日作ったシダレヤナギとカエデの葉っぱの柄などを編みこんだミニバスケットに、通勤の時にバス停そばで拾ったハナミズキの葉っぱにカイシャの修正液で書いたお礼のメッセージを。
e0151091_18474061.jpg
なんだか、会社では見なかった顔つきに、一瞬なってくれたような。

私も、来週もがんばろう。


by nicecuppatea | 2017-10-22 18:49 | 会社のこと、通訳のこと | Comments(2)
Commented by とちこ at 2017-10-23 08:01 x
おはようございます。
そちらは被害はでなかったでしょうか?
 
朝からいいお話しをよませていただきました。
籠の中の葉っぱの文字もその方のお忙しいお気持ちを和ませたと思います。

ちいさな憩いの森
ビルの中にいても自然を感じるとちがいますものね^
Commented by nicecuppatea at 2017-10-23 20:29
とちこさん、こちらは思ったほどの台風の影響もなく…そちらは大丈夫だったでしょうか。

カイシャの嵐は、未だに去らず(^^;; とにかく一つづつ与えらる時間に、考えられるだけ考えて答えを出す…しかない感じです。出来ることはできる、出来ないことはできないですからね。ゆっくり風呂でも入りますわ^_^
<< 振り返るタイミング 秋の恵みを摂り込み、編み込み… >>