台風あとのナッツ拾い

3連休を台風が直撃…と聞いていましたがウチのエリア近辺で一番天気が荒れたのは日曜日の夜中だったようで、祝日の月曜日、外に出てみたらそこら中にちらかった落ち葉や枝で、嵐が過ぎ去ったのだとわかりました。

こういう日の森のジョギングはビニール袋をいっぱい持って行かないといけない。そしてそのもくろみは見事に当たった。奥の黒いのはクルミ、そして手前のオレンジのは、ご存じ銀杏。
e0151091_16003068.jpg
熱を発散させるような季節である真夏の間は、みずみずしい果汁をたたえた実が多く成ります。スイカなんかその最たるもの。スポーツドリンク、麦茶、カルピス…様々な飲み物を冷やして畑に持って行ってみましたが、冷えていなくてもなんでも、採れたてのスイカほど、炎天下の畑作業の後「体が欲している水分を補給してくれる」と思えるものはありませんでした。

秋になると、水分よりは「脂」やでんぷん質っぽいエネルギー源になるような実が多く成ります。来るべき冬に備えてカラダに蓄えさせようという自然の摂理なんでしょう。まあ、今の私は四季に関係なく蓄えが不足する心配はないですけど^^;

ジョギングのあと、畑に行ってみるとこちらでも高カロリーのナッツが。
e0151091_17582936.jpg
ところで、クルミの果実は最初は緑色なんだけど、木の上になっているうちにどんどん黒くなって腐ったようになって地上に落ちてきます。この果肉を素手で扱うと指先が真っ黒に染まって何日も落ちない。(大学生の頃、バレー部の合宿中にクルミを見つけて拾い、素手で剥いたところ10本の指先すべてが真っ黒になり、合宿の間中落ちなくて、トスを上げる度にチームメートに笑われたんだった。ン10年たってもやっていることは変わらないってこと)

銀杏の果肉はご承知のとおり、ものすごい臭い。いくら洗い流しても容易にとれません。そしてクリは、これでもかと言うほどトゲトゲのイガに入っています。

これらの濃厚なナッツは、おいしすぎるから「触ると黒くなるぞ」「臭いぞ」「痛いぞ」と、食べようとしているものを遠ざけようとしているのでしょうか。まあ、そのような抵抗は、私には無意味なんだけど♪

秋の拾い物、美味しすぎて、まごまごしてるとココロだけでなくカラダの方にまで充分以上のエネルギーを供給してくれちゃいます。






by nicecuppatea | 2017-09-19 19:09 | おいしい実 | Comments(0)
<< 明日の狭山市楽市楽座に出店します 素材集めの季節 >>