素材集めの季節

毎回、「かご編みの素材は、いつでも、どこでも、集められる」と言ってはいますが、やはり夏にぐんぐん成長して大きくなった植物の成長がゆっくりになってくる秋口というのは、素材集めが一番楽しいときかもしれません。

ブルーベリーの畑に関わってはや5,6年。今年もオーナーさんに「剪定枝を下さい」とお願いしておきました。すると先日、「たくさん枝を切ったから、好きなだけもっていって。残ったのは燃やすから」との電話が。

やったー!
e0151091_20290983.jpg
こんなに積んだのは初めて、というほど、まっすぐで長い枝を選んで車に積みこみ、ウチに持って帰りました。
e0151091_20295126.jpg
とりあえず、すぐに作れる小さなバスケットをひとつ。フレームはブルーベリー、編み芯はブラックベリー、ヤマブドウの皮、細アケビ…。実のなるものだけで、実を入れるバスケットを作る…というどうでもいい事実になぜかこだわってしまう。
e0151091_20305331.jpg
さて、これからの季節、このベリーの枝を編み芯にして、オーダーを頂いたたくさんの大きなバスケットづくりに取り掛かりたいと思います。

by nicecuppatea | 2017-09-14 18:51 | 編み素材集め | Comments(0)
<< 台風あとのナッツ拾い 季節の変わり目のジョギングは… >>