草刈後のかご編み

壊れていた草刈機を先週、買い換えました^^ /

先代の草刈機が故障したのは長雨の前。その後、たっぷりの水で雑草は歯止めがきかないほどの勢いで我が畑を覆いつくしていましたが、ようやっと先週、それらをまとめて(ダンナが)刈りました。

中には「木」になってたものもあった。これはポプラやカエデの一種か。萎れてるけど葉っぱの柄が赤くてきれい。
e0151091_17305716.jpg
なんとなく、この葉っぱがついた80センチぐらいの、切った木を持って帰ってきて、葉っぱと枝の部分を分けてみた。やはり枝は輪っかにしてみてしまう。赤い葉柄が、きれい。
e0151091_17334788.jpg
もうほぼ藪と化したブラックベリーも草刈機を使う前に長いシュートだけ手でカットして持ち帰り。
e0151091_19074677.jpg
e0151091_19081469.jpg
こんな、畑の草刈の後のものでこそ、バスケットを、作りたかったんだった。持ち手とフレームはカエデ、編み芯はブラックベリー。葉っぱの柄の赤いところも編みこみました。
e0151091_17303765.jpg
葉っぱの柄やベリーのシュートは、一番強い素材ではないかもしれないけど、普段使いには十分。これからしばらく、「草刈作業後にでる材料」でのかご編みが続きます。

やはり、「ゴミ」という言葉はモノの特徴を表しているのではなく、その物質を自分がどう見ているのか、を表す言葉なんだろうと思いました。

by nicecuppatea | 2017-08-28 12:24 | 畑&バスケット | Comments(5)
Commented at 2017-09-03 17:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nicecuppatea at 2017-09-04 08:16
鍵コメさん、ありがとうございます😊かご編みの基本はイギリスで環境保全団体のボランティアをしている時に、林の管理の際に出るつるや枝の有効利用、みたいな観点で習いました。かの国でのかご編み、憧れていますが習ったことはないんですよ。憧れですねー。いつか習いに行って見たいと思っています^_^
Commented by ありがとうございます at 2017-09-04 22:06 x
返信ありがとうございます。そうでしたか!当地でマエストロを探して講座をオーガナイズしたりもしてるのですが、握力が足りずいつもヘルプをお願いして完成してます。
Commented by nicecuppatea at 2017-09-05 20:11
イタリアに行った時、かご編みの本だけは買ったんです^_^ 本の中でも底を編むときは靴で踏みつけてた(^^;; 大きいぶん、力がいるんですねえ。
Commented by ありがとうございます at 2017-09-07 03:19 x
返信ありがとうございます。そうでしたか!今後も作品を楽しみに拝見させていただきます。
<< 笹の根っこの有効活用 出張の途中でも >>