夏の後始末と、さらなる秋の気配

昨日の夕方は、激しい夕立で引き続き、畑はまだ水っぽい。長雨があると、季節が進む気がします。

昨日採ってきた小さなキュウリと、小さいまま、長雨で割れたチビスイカ。
e0151091_19554210.jpg
どうなるかわからないけど、スイカも小さ目に切って、あるものと一緒にピクルス液につけてみた。これで真夏は瓶詰にして終わりかな。
e0151091_19552141.jpg
ここのところ近くの林のクルミが落ち始めて、毎朝ジョギングに行くダンナがビニール袋に拾って帰ってきてくれます。時期的には少し早い気がするけれど、もう皮が黒くなって落ちてるから大丈夫か。

そして、その林からも近いバス停脇。法壁の上から垂れたヤマブドウにもう実が付いてた。ツルと一緒に実も回収。こうしてみると、もう秋の図。
e0151091_20251510.jpg
同じくバス停脇にはこんなのが生えていた。ホウキタケ?いや、さすがに手は出さないけど。
e0151091_20283263.jpg
夏の匂いがしている間にも、季節はこうして目に見える形ではっきりと、変わっていくんですねぇ。バス停のそばでこんなのが見つけられるのに気づいてしまい、明日から朝、バスに乗り遅れないように気を付けよう。



by nicecuppatea | 2017-08-20 20:43 | 野菜&実の加工 | Comments(2)
Commented by とちこ at 2017-08-25 18:11 x
こんにちは。
雲は秋だけど温度は夏ですね。
胡桃が落ちているのですね。
私も来週には 栃のみを拾いに行こうと思っています。
Commented by nicecuppatea at 2017-08-27 19:05
とちこさん、
また、お互い実を拾う季節が来ましたねー。こちらはもう、クルミ拾いの最盛期(笑)やらなくてもいいけどやりたいことがたくさんで^_^
その季節のものを集めながら、お互いに季節を全身に感じてまいりましょう~
<< 出張の途中でも 水の多い夏と秋の気配 >>