明日、ネリマナイトマルシェに参加させて頂きます

しばらくご無沙汰でしたが、明日は西武池袋線・練馬駅そばで「ネリマ・ナイトマルシェ」に出展させて頂きます。

そもそもはマーケットのお友達である、シーズニングラボさんが出店されていて、様子をうかがっていた場所。都内の方へ一度行ってみたい、でも車だと大変、一人で電車で行けるところ…と、今までとちょっと違ったエリアを模索していたのですが、今回初めてそこに足を踏み入れるカンジです。

それまでは何でもいいからできるだけのものを車に詰め込んでマーケットに向かっていたのですが、マーケットでご一緒する出展者さんの中には、持ち物を色々と工夫してとてもコンパクトに、稼働可能な形にして、ひとりで颯爽と電車でやってくる方も多いのです。ワタシなんかそもそも、不要な枝ツルなんかでカゴを編んでいるんだから、できるだけ輸送費だって使わないで出店して販売できたら、その方が何となくいいなと思っていました。

今回はキャスターつきのキャリーカートみたいなのと、折りたたみコンテナを会社の近くで購入。それに持てる範囲のベリーとミニチュアのカゴをコンパクトに詰めて、自分で行ってみることにします。

バスケットは、ミニチュアに特化。それを作るのに注目したのがこちらでした。
e0151091_12334031.jpg
畑のオーナーさんからの助言を受けて、今年はいつもよりかなり早めに植えてみたブラックアステカなど、色々な色のトウモロコシ。虫食いがなかったのはアドバイスを聞いた成果か。でも、まだなかなか種の大きさが均一にならず、背丈もバラバラ、実の入り方もまちまちです。なかにはまったく身が入らなかったものもあり、ほぼ食べるところが皆無のものも多数。
e0151091_12361736.jpg
それを今回は最大限使用。
e0151091_12582151.jpg
小さいバスケットを編むには、細い素材、柔らかい素材、少量しか入手できない素材も使えるので、身近にある、使える材料の幅が広がります。

今回は、トウモロコシの皮、タケノコの皮、猫じゃらしの三つ編み、などなど、得意の可燃ごみ系で編んだミニチュアバスケッをご紹介してみようと思います。

そもそもこちらのマルシェは練馬周辺で生産された野菜などを売るのが当初の目的だったのだとか。私が参加しちゃっていいかしら、と最初は思ったのだけど、考えてみたら確かに、これらのバスケットは練馬駅周辺で生産されてます。電車の中ですけど^^


by nicecuppatea | 2017-08-03 21:14 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 青い実緑の実を持って、明日のワ... 保存食の消費に追われる日々。 >>