ジャム三昧

個人的には、5月のイチゴの時期が、その年の「フルーツカレンダー」の始まりのような気がしています。実がついてから冬を越すユズやカリンは置いといて、その年に花が咲き、実をつけるフルーツのトップバッターのような気がするのです。それを合図のウチの畑近辺でも、梅、カラント、アンズ、桑、ブラックベリーと、「実好き」の私には野山や畑から目が離せない時期が続きます。

ヒトはどうでもいいじゃないか、と言うかもしれない。でもなっている実をそのままボタボタと落としておくことは実好きとしては、耐え難い…どのような実も、ついつい採ったり拾ったりしては様々に手を加えて利用したくなるのです。

ウチの近所にアンズの木が2本あります。完熟すると木から落ちるタイプの果実なので、落ちたところを拾うのが醍醐味。さすがに生食はよろしくないので、余すことなく加熱加工して活用。

アンズはジャムやアンズ酒にするのが一般的。となると、落ちた時にひび割れてしまったものは他の人も拾いません。でも、じつは「杏仁」とよばれる種の殻の中の核の部分も漢方薬として重宝されているし、何より手作り「杏仁豆腐」のもとになるのです!と、いうことで、果肉が使えなそうなものも含めて、落ちているアンズは全て回収。種のカラを割って杏仁を取り出します。
e0151091_17394593.jpg
綺麗な果肉は、よく洗い砂糖をまぶして火にかけ、ぐずぐずになってきたら去年の残りのアンズジャムと混ぜて利用♪ヨーグルトの友となります。
e0151091_17440615.jpg
先日熟した、今年初のブラックベリー2,3粒も、同じく2,3粒、木の下におちたグーズベリーと、ちょっとだけ残っていた昨年とったブルーベリーの冷凍と混ぜ、砂糖をまぶしてレンジでチンする。
e0151091_17380203.jpg
1分半ほどで、立派な生ジャムっぽくなります。
e0151091_17383158.jpg
まったく、ジャムにするものが多すぎて。まあ、はなから採ったり拾ったりしなきゃいいだけなんですけど(^^;



by nicecuppatea | 2017-06-21 20:04 | 野菜&実の加工 | Comments(2)
Commented by とちこ at 2017-06-23 06:48 x
おはようございます。
ご無沙汰しています。

読んでいるだけで豊かな生活のおすそ分けを感じます。

我が家のおじいさんウサギがちょっと目が離せない状況になり、なかなか遠出もままなりませんが、ブルーベリーの販売を心待ちにしています。
Commented by nicecuppatea at 2017-06-23 08:38
とちこさん、ありがとうございます。豊かと言うより、単に貧乏性なだけなんでしょうけど^^; 早生種が終わって本格的なブルーベリーシーズンになるのは7月二週目ぐらいからと思います。うさぎさんとの穏やかな日々が続きますように。
<< 引き続き畑の実三昧 屋上菜園、繁茂中。 >>