ズッキーニの苗の保護

ここ1週間ほど、どうも本調子でなくてせっかくの休みもひたすら時間が過ぎていくカンジで、畑日和でも今一歩アクセルがかからずにいたのですが、久しぶりによーく寝たところ、アメリカ出張前以来ぐらいのエネルギー充電が終了!

久しぶりに畑に行ってみたら、1か月前に植えたズッキーニの苗がその時より小っちゃくなってた(泣)

徹底的にほったらかしの私の畑作業をよく知っている畑のオーナーさんはニヤニヤしながら「手間かけないからだよ~」

なんでもズッキーニはウリ科の野菜の中でも苗の時にウリハムシというウリ科の葉っぱを好んで食べる小さな甲虫に葉っぱをレースのカーテンのようにボロボロに食べられてしまうと、勢いが付かなくて弱って枯れてしまうことが多いから、苗のうちは覆いをつけてムシから守ると、育ちが断然よくなるのだそうだ。

ごめんよ、ズッキーニ。旦那が張り切って苗をたくさん買ったのだが、数本はすでに滅びていた(T T)ちょっと遅いかもしれないけれど、畑の際に生えている篠竹を使って覆いを作ることに。こんな感じでざわざわと篠だけが生えているので…
e0151091_19583936.jpg
それを切ってきて葉を落とします。からみついていたスイカズラは別に収穫(^^
e0151091_19585819.jpg
弓のようにしならせて、麻ひもで下を縛り…
e0151091_19591798.jpg
その形のまま土に差し込みまして…
e0151091_19594575.jpg
不織布をかけて出来上がり。
e0151091_19595672.jpg
何となくですけど、ここは強風や強い日でりによる乾燥著しい畑なので、そんな天気からも守ってくれて、いいんじゃないか。

今まで、畑に植える野菜には最低限の手間しかかけず、結果として収穫も多くはありませんでした。それは別にポリシーだったわけではなく、ただ単に色々なことをやり過ぎて時間が十分にとれなかったから。

せめて、手を掛ければもうちょっと大きく育つ野菜には、もう少し優しくしてあげようかね。




by nicecuppatea | 2017-06-17 20:07 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)
<< 屋上菜園、繁茂中。 ゆっくりと、ベリーシーズン始ま... >>