恩恵を被る…

長かったヒコ―キ旅で米国の目的地に到着しました。

行きは朝9時台のフライトで、我が家からだと夜が明けてすぐにウチをでないといけないぐらい出発が早かったのですが、一緒に渡航するヒトが、航空会社のマイレージのプレミアム会員ということで、その人と一緒に行動すると、私もなにかと恩恵を被ることが出来る…と昨年、味をしめまして、今年もかなり早めに空港に着いて、ラウンジで朝ごはんを頂くことにしました。

わたしはくっついてきただけなのに、会員ご本人よりたっぷりと頂きます^^
e0151091_12441789.jpg
張り切ってチェックインしたら、ヒコ―キの座席は自分の意思に反して窓側(T-T) 日本から最初の目的地までおよそ11時間、3席並びの一番奥で、知らない人の横並び。この状況でト○レに自由に立てないのは、ずーっとドキドキして試練だ…

でも、席についてみたらなんだか機材が最新型。席の間も従来より広めで、スクリーンも便利。しかもお隣は一人空席♪調子がいいもので、なんとなく「よし、せっかくの窓側だもの、楽しまなくちゃ」と気持ちをチェンジ。

思い起こせば旅行会社で添乗員をしている頃から、ヒコ―キから窓の外を見るのがお客様より好きだった(^^; もちろん添乗員はいつも通路側席。隣に座っている子供さんが離陸の時も窓の外を見ないでうつむき加減でゲームなどやっていると「なぜ外をみない…ドキドキしないのか」と勝手に感情を高ぶらせたものです。

そんな気持ちはン10年が経過した今も、まったく変わっていません。空って綺麗。いつまで見ていても飽きないもの。
e0151091_12483071.jpg
e0151091_12485987.jpg
e0151091_12493657.jpg

空の表情や色が徐々に変わっていく間中、額を窓に押し付けて外を見ている、これから仕事にでかけるアラフィフの女。私、大丈夫か。




by nicecuppatea | 2017-05-28 13:00 | 会社のこと、通訳のこと | Comments(0)
<< 出張から帰ってきました 10日間ほど出張に行きます >>