「ねこちぐらもどき」、好評。

雨の先週末、ずっとやろうと思っていた、チビ太の「棺バスケット」の「ねこちぐらもどき」へのリフォームをしました。編み終わったあとも濡れた籐が乾くまで、いい形で固くなるよう紐でしばって矯正していましたが、晴れてバスケットが乾いたので、ネコらの前に置いてみた♪

やはり、最初に入ったのはママ。天井の穴から誰が入ってるか柄が確認できます。
e0151091_20271723.jpg
ひとり入るとどうも他のヒトたちも気になってくるらしい…
e0151091_20280070.jpg
ママにちょっかいを出したら、中から手が出てきた…
e0151091_20283789.jpg
それでも入りたくて、上から、ていっ!
e0151091_20294635.jpg
でも入れなかった。。。
e0151091_20292757.jpg
双子の片割れと順番待ち。。。
e0151091_20285264.jpg
なんだかんだで、最後に場所を占めたのはあのエビ…
e0151091_20304030.jpg
作り手としては、全てのネコらの動きにニンマリ♪
チビ太もこれなら、良しとしてくれるんじゃ。





by nicecuppatea | 2017-03-30 20:44 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)
Commented by mana at 2017-03-31 08:58 x
ねこちぐらもどき うちにもほしい~♪ 大人気!作家冥利に尽きますね (^_-)-☆
Commented by nicecuppatea at 2017-03-31 15:38
manaさん、ありがとうございます(^_-)-☆ おはずかしい、まさに手前味噌の極み(^-^; まあ、移り気な彼らのことですから、いつまで使ってくれるか…というところですけど。

太くてまっすぐな葛がたくさん採れたら自然素材でも編めるかなぁ。今後もっとうまく編めるようになったら、マーケットにも…とか、早くも妄想を広げています。ただ、ゴツゴツウネウネで、入り心地が悪いと、手間をかけて作っても、きっとネコは寄り付きもしないだろうなぁ(笑)
<< おいしい食事のチカラ 次世代へ引き継がれるカゴ >>