ニャン、ニャン、ニャンその後

ジョギング道中で見つけた、廃墟のラブホに住んでいるネコへのエサやりを始めて、ダンナは毎日、私も週末は、一日と開けず、多摩湖1周のジョギングを続けていました。旦那は毎日決まったところにキャットフードと水を置いていたらしいのですが、先日その場所に、雨に濡れないようにとビニール袋にはいった封筒が置いてあったのだとか。

中には「エサヤリさんへ」との宛先が。ダンナはエサヤリさんというものなのか。

差出人は近隣のネコの保護団体の方で、「廃墟にネコが捨てられている」という情報が拡散されて、事実を確認したうえで「ここでは避妊・去勢をして放したとしてもネコは生きていけないので保護して里親を探します。いままでエサを与えてもらったおかげでこの子たちは生き延びることができました」という御礼の一文と連絡先がかかれていました。

保護した後は、避妊・去勢をしたうえで、里親探しをシェルターに委託するそう。もちろん、そうなるまでの資金援助も必要なので、そこも手助けしてもらえないか、と。

その後、あっというまに「ネットワーク100人以上に寄付を呼び掛けいて、賛同者がどんどん増えているので、ご負担いただく額も減りそうです、募金用のポスターも作りました」と。
e0151091_20355502.jpg
とにかく、私たちが毎日キャットフード背負って12キロ走ってエサヤリに行き、廃墟ねこ族の命運を全て背負っていくのは持続可能じゃなかった。正直、よかった…

すでに7匹中4匹は保護されて、残りの3匹は来週初めに保護予定。上手くみんな保護されますように。

命をつなげる、面倒を見るってことは、誰がやるにしてもやはりお金も手間もいるよなあ。それが動物と一緒に暮らすってこと。

もし、ご協力を頂ける方がいらっしゃいましたら、上記のポスターのご連絡先まで、ぜひ。

by nicecuppatea | 2017-03-11 20:51 | 毛玉たち | Comments(4)
Commented by mana at 2017-03-12 02:05 x
お久しぶりでした。いつも読んではいたのですがなかなかコメントできず。でも前回の記事読んでちょとおせっかいですが伝えておいた方がいいかな…とコメントするつもりでした。私がが今ちょっとお付き合いのある北海道のネコの保護団体のツキネコカフェさんというところの活動を支援してきて 餌だけやるのはとっても危険だな。。。と心配だったもので。餌をあげているうちに生後半月もすれば かけ合ってどんどん子供は増えちゃって大変なことになるからです。ツキネコカフェさんの活動をお時間ある時に見てくださればわかると思いますが 現在多頭飼い飼育の崩壊現場というのが全国で相次いであるそうで… もちろん適正飼育のことはちゃんと考えてらっしゃるnicecuppateaさんだから同じようにはならないだろうけれども 餌だけあげているうちに、子供連れた母猫がわんさと出てくることも考えられます。とか 書こうと思っていたら 同じ心配してる方がもう素早く活動されているのですね。ちょと安心しました。 かわいそうだからと 餌をあげるなら 保護して去勢・避妊するところまでして上げてくださいね。 
あと、全然関係ないのですが nicecuppateaさんのブログを読んでいて自分もかごを編んでみたくなり 家の庭に生えていたコクワのツルを選定したツルを輪にして巻いてとってあるのですが…(まずは材料からってことで 笑) でも やり方が何も分からず・・・いきなりで なんですが初心者でもわかりやすく編めるかご編み 伝授してほしいです。といっても難しいですね?☺まずはじめにどんなもの参考にしたら基礎から分かりますかね~?お暇な時に教えてください! 
Commented by nicecuppatea at 2017-03-12 09:59
manaさん、コメント、アドバイスありがとうございます😊おっしゃるとおりですよね。ご指摘の点は私たちも階下の獣医さんに相談したところで。その獣医さんはTNR活動にも協力されている方なので協力的にやってくれる、という話ではあったのですが、さて、個人でこれだけの頭数をどうやって捕獲するか…とりあえずオスだけでも…それでも一体全部でいくらぐらいかかるんだろう…と実は途方にくれていたところでした^_^;
頼るべき場所、緊急意識、個人が出来ることの範囲の読み、色々と勉強になりましたm(_ _)m

さて、かご編み読本の件ですが、私が読んだのは佐々木麗子さんの「はじめてのかご作り」「自然を編んで」などです。なんだか最近、それ系の本が増えているようにも感じますんで、他にも色々とあるかもしれません。何かピンポイントで疑問があれば、本とは比べ物になりませんが、私も出来る限りお答えします〜
Commented by mana at 2017-03-12 14:20 x
ごめんなさいね~。海ちゃんがあれだけポコポコ産んだ後ですものね、当然増えちゃうこともお分かりですものね。ちょっと出過ぎたアドバイスでした(*^_^*)(写真に写った猫の頭数見てあわてちゃいました) でもほんとに動物の医療費は膨大になりますよね。去勢や避妊も補助金出してくれる自治体もあるみたいですがまだまだ高いですよね。 先日友人のところの猫がテグスを飲み込んじゃって大手術となり「軽く両手分(10万以上)飛んで行ったわよ~」と言ってました。わたしも確定申告してて医療費控除の計算しながら 人間はほとんど医者にもかからず健康なので控除にもならないけれど 猫たちの医療費をどうにかして入れられないものかと考えちゃいましたよ。笑 だって彼らも立派な家族なのにね~。 かご編みやり始めてみて疑問が出てきたらまたコメントさせてもらいますね~♪
Commented by nicecuppatea at 2017-03-12 16:15
manaさん、いえいえー。リマインドありがとうございました。ホント、そこが我が家の一番危なかったところです。さすがにガリガリのネコがエサのないところにいれば、見てみぬふりはできないけれど、どれだけ早くに去勢避妊しないと危ないか、っていうところはもっと早く考えないと危なかったと思います。もう春ですし。たまたま、手を差し伸べてくださった方々が、まじめにシェルターを探し、寄付を募ってくださったりしているけれど、もしその方々に出会わなければ、拡大扶養家族が無限大にふえていってしまい、多頭崩壊の前に家計崩壊するところだったかも…(^^
今回、こういう時にはどういうところに相談したらよいのかも知ることが出来ました。(いや、今後こんな状況に出会わないのが望みですけど…)

かご編み、ぜひ色々と試してみてくださいねー♪
<< フジヅル使い尽くし ニャン、ニャン、ニャンの続き… >>