やることを増やし続ける日々

しばらくご無沙汰をしてしまいました(_ _)

先週中ごろ、毎年恒例の2日間の社内総会みたいのがあり、通訳者としてリハーサルから全部参加するため、3日間のビジネスホテル暮らしとなりました。

毎年、やっている仕事ではありますが、今年は内容のラインナップがちょっと変更になったからか例年に比べてなんだかスケジュールがあわただしい…単に歳を取って物覚えが悪くなったのか(^^;)

ここ数年は、ちょっと余裕をかましていて「ホテルライフを豊かにエンジョイ」なぞと考えて、入浴剤持って行ったり、ワインを持ち込んで夜はホットワインを作ってみたり、カゴ編み用のツルをもちこんだり…

今年もそうしよう!と、先週は家の傍のみかん園裏で目を付けていた「ツル場」を訪れました。コンクリの階段や壁の脇は、様々なツルの地下茎が束にしたケーブルのように走っていて、労多くせずたくさんのツルが採れます♪
e0151091_18533397.jpg
今回はめずらしくスイカズラの細くて長い地下茎がたくさん這っている場所を発見。バカバカしくもこの採りたてのツルを丸めて、茹でたものをビニール袋につめて、スーツケースの隅っこに突っ込んで出張に。

3日後、そのまま触ることなく持って帰ってきた(^^;;;;

その後ウチで皮を剥きました。スイカズラは茹でると薄クリーム色で、ツルッツルのつるが現れます。若いツルは弾力があり、折れにくく、何かと使えます。まず端材整理のために、小さなバスケットをひとつ。いつもどちらかというと森の地面そのままの色のバスケットに魅力を感じますが、あまり真っ白いのができたりすると、それはそれで面白く。
e0151091_18534977.jpg
「ツルを煮て、皮を剥く」とか、フツーは「しなくていいこと」ですよねぇ。でも私の「やることリスト」はそんなのばっかり。とってきたツルをほぐして輪っかに巻いたり、山でたくさん拾ったユズのマーマレードや種のローションをつくったり、野原でとったノビルを綺麗に洗って酢につけたり、ネコの壊した手作りのアイロン台を直したり…

結局自分でしょーもない仕事を増やしてバタバタしているのですよね。なぜか日曜日の夜はとりわけそんな感が強くなります。いつになったら追いつくのやら。

by nicecuppatea | 2017-02-19 19:01 | バスケット編み | Comments(0)
<< 再会 マーケットで剪定枝を… >>