「ほっ」と。キャンペーン

真冬のワンデーマーケットに出店しました

この冬一番寒くなる…との天気予報を聞いて、着込めるだけ着込んで、入間市ジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店しました。

昨日編みかけだった丸く浅いバスケットも完成。
e0151091_18505096.jpg
今回は、12月に近所で大量に取ったアケビのツルがあり、アケビのツルのバスケットが中心になりました。
e0151091_18500798.jpg
「アケビのかご」というと、一般的にはしなやかで均一な地下茎で編んだ綺麗なものが多いのですが、私が主に使うのは地上にでたツル部分。地下茎より折れやすく、ウネウネですが、育った期間や収穫した季節によって、色や表皮の表情もまちまちで、変化があっておもしろいなと。

感覚的には、時計回りに回りながら伸びていくツルが多いようでアケビにしてもフジにしても、そのツルの「ねじれ」に沿って、少しづつねじりながら編んでいくとゴツゴツウネウネのツルも大きく曲がるところでも折れることが少ないのです。

ところで、今日は寒かったなぁ。こんな天気の中足を運んでくださった方には感謝です。

「寒いところご苦労様♪」と暖かいスープを持ってきてくださった、お向かいのカフェの奥さんにも感謝です。
e0151091_18502368.jpg
ピーチに比べると寒がりな権蔵も今日は重ね着で対応。
e0151091_18504064.jpg
寒かったけど、一人っ子になった今、こういうところで色々なヒトやワンズに会えるのは楽しみ…だろうと思うのだけど、どうだっただろう。

Pと比べることなく、じっくりと権蔵との時間にも向き合っていこう。

by nicecuppatea | 2017-01-08 18:55 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 雨に濡れた枝とツルで 明日のジョンソンタウン・ワンデ... >>