「ほっ」と。キャンペーン

明日のジョンソンタウン・ワンデーマーケットに出店します

この冬一番の寒波の到来と雨の予想ではありますが…明日開催予定の今年最初の入間市、ジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店予定です。

12月のクリスマス前に文字通りすべてのカゴたちがお嫁入りさせて頂き、ツルを採ってはひたすら編んでいた暮れ正月のお休み。前にも少し書いた通り、ウチの場合ためてある自然素材を使うことで部屋も片付く^^

ということで、こまごまと残っていた素材を、どうやったら使えるか、考えながら明日に向けてあとひとつ中型のフレームバスケットを。

手元にあるのは、
・篠竹一本
・太目でにょろにょろのヒメツヅラフジ
・2日ほど水につけて柔らかくした細めのアケビとヤマフジ、葛のツル
・それにちょっと太目でごつごつして乱れたカンジのアケビとヤマフジのツル
e0151091_18590221.jpg
これを、「適材適所」で使いきりながら、編上げようという趣旨。

ポイントは、取っ手にニョロニョロのツルを使い、見えるところに綺麗なねじれをもってくること、フレームは見えなくなるところなので、素材の統一感や、木肌のスムーズさはなくてもいいけど、できるだけ真ん丸に丸まる硬めの素材をつかうこと、そして編み芯の太さに負けない強度と太さのあるスポークを選ぶこと。「適材適所」がうまくいくと、自然素材でカゴを編む「編みやすさ」は格段にアップ!

ということで、ヒメツヅラフジの取っ手に篠竹をまるめたフレームを合わせてみて、それを細めの葛のツルを使ったゴッズ・アイ(「神の眼」、日本名では小庄結び)と言われる留め方で十字に留めますー

e0151091_18591370.jpg
e0151091_19004410.jpg
その後、ゴツゴツのアケビとヤマフジの太いところをスポークにして、ゴッヅ・アイに差し込み、両側から編み始めます。主に細いフジヅルを使って。
e0151091_19005921.jpg
e0151091_19013715.jpg
ここまで来たところで、今日はやめー。ついついコン詰めすぎると、他のことに手が付かなくなるのでここらへんで。あとは明日、現地にて^^

結構作ったつもりでも、青空の下に並べるとほんのちょっとなんだよなぁ、きっと^^;
e0151091_19110690.jpg
明日はこの辺はこの冬一番の冷え込みらしいです。雨も降るみたいだけど、とにかく朝は張り切っていってみましょう。

by nicecuppatea | 2017-01-07 19:21 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 真冬のワンデーマーケットに出店... 謹賀新年2017 >>