「ほっ」と。キャンペーン

ツル採りラン2016

引き続き、豊穣の秋を走りながら楽しんでいる我が家。先日も書いたように、毎日ポトポトと落ちているクルミを拾い続けていますが、本日は野良キウィの実も発見!
e0151091_17483001.jpg
林の周りのジョギングロードには何かと、実のなる木が生えておりその中には野良キウィの木もあります。それが剪定されて落とされた若い実。食べれるかわからないけれどあまりにかわいくて素通りできず…。まるごとシロップ煮にしてみよう。

今日も公園で剪定された後に落ちていたウネウネのスイカズラの枝や、フェンスの傍で垂れ下がっていたアケビのツルを巻きとってダンナはそれを腕に通してマリアッチ風なカンジで湖を一周。新しいスポーツになるかな^^ それにしてもこんなに持って帰ってきたとは。
e0151091_17492828.jpg
アケビのつるを採っていたら、それに絡みつきたわわに実っていたヒメツヅラフジを発見。これはどーしても持ち帰らねば。さすがに実が付いていると女の子っぽくてダンナは持ちたくないというので私もツルをもって残り10キロを走る。どよんと疲れたけど、やっぱり持って帰ってきてよかった。
e0151091_17520369.jpg
剪定されていて落ちてたウネウネのスイカズラは、くるっと輪っかにして、ウネウネを敢えて見せるようにかごの取っ手にしてみたい。
e0151091_17523249.jpg
とってきたアケビの硬い枝のところをフレームにしたら太さがちょうどいいぐらい。座りは良くないけど、まあ、ツル本位のバスケットだからしかたながい。
e0151091_17534450.jpg
でもできる前に破壊される可能性も。。。。
e0151091_17540934.jpg

by nicecuppatea | 2016-10-23 17:58 | バスケット編み | Comments(0)
<< まだまだ、秋の実 最近の変化 >>