明日のジョンソンタウン・ワンデーマーケットに出店します

しばらく会社の仕事がちょっとバタバタしていて、ここ1週間ぐらいはなんだかアドレナリンが出続けているような。寝不足なはずでも眠くならなかったり、疲れた気がしなかったり…そんな状態のままで週末に突入。この勢いのまま明日のジョンソンタウンにも出店しよう。小さいバスケットだけは電車で時々編みためました。
e0151091_19363023.jpg
今朝はさすがにジョギングはパス。ダンナが走りに行っている間、しかし私は別のところへ小走りででかけました。まずは、ウチから80メートル先の道路沿いのコンクリの壁。このあいだ会社に行くときにバスの車窓からみたら、葉っぱがヤマブドウっぽかったから、チェックに。すると。
e0151091_19331742.jpg
今までどれだけ、ヤマブドウを探して遠くまでいったことか。何のことはない、ツルなんて山奥まで行かなくたって、意表をついた近所にたくさんあったりするんだ。
e0151091_19333974.jpg
その後、ジョギング帰りに通る中学校の校庭脇にギンナンを拾いに。靴で皮を踏んで中の種をだしていると、おじいさんがそばを通りかかり、「えらいえらい、拾ってえらい。もう、こんな時期なんだな♪」

どうも私はギンナンを拾っていることを褒められたらしい。

おじいさんとしては、きっとこういうものがぼとぼと落ちても誰も見向きもしなくなってきた今日この頃を、ちょっと寂しく思っていたのかもしれない。

そういえば、最近、ギンナン拾うヒトって昔より少ないかな。買うと結構高いのに、道端にボタボタ落ちてる。確かに臭いし、それを処理するのは手間だし、それがイヤだからみんなとらないのかもしれないけど。そういうものって他にもありますよね。庭先の柿でつくる干し柿、放置竹林のたけのこ。季節になってもだれも取る人がいなくてそのまま朽ちていったり、育っていったり。それが買うとすごく高かったりして。

ヒトは「プロセスにかける時間」を今はお金で処理して、最終製品を購入するのだろうけれど、なんだか私はそのプロセスの部分の方が好きな気がします。

帰ったら、だんながジョギングの山道でクルミを拾ってきてくれてた♪そういうヒトじゃなかったんだけど^^

私のマーケットでの定位置はキンモクセイの木の下。10月は毎年満開の花の下で楽しみ。明日は秋っぽくなって初めてのマーケットだから「実」をたくさん並べてみよう。
e0151091_19342497.jpg


by nicecuppatea | 2016-10-01 19:38 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 秋のジョンソンタウン・ワンデー... シンメトリ >>