「ほっ」と。キャンペーン

世の中の春は、色々な生命体でできている

今日はまた拠点廻りで、神奈川と静岡の県境の方までひとり旅。「そろそろ帰るよ~」とダンナにメールしたところ「権蔵がウズラを噛んだ」と、ここのところ一番起きてほしくないことを伝えるメールが…(- -;)

どうも、見ていないから想像できないところもあるけど、寝きれないで赤い目をしてじーっとクレートで丸くなっている権蔵のところにウズラが「にゃ…」とか言いながら入っていったら、突然、大口を開けたとか。ウズラはキャ~~!!と言って逃げ、ダンナはしこたま権蔵を怒り、ということらしい。

あぁ~、またこの手の心配が。家族の人数が多くなればある程度は仕方なし。

ウチに帰ると、反省ポーズでクレートの中で下を向き、しっぽだけをブンブンふっている権蔵、争い事に気をもみ続け、私が帰ってくるなり「もー、聞いてよぉ~!!」と言いつけてくるピーチ、きょとんとしたウズラ…。つくづく、この世に生きているのは人間だけじゃないと思います。

そういえば昨日は、ベランダのプランターから20匹以上のカブトムシとクワガタの幼虫を保護。もうウチのプランターの腐葉土だけでは養いきれなくなり、近くの雑木林へリリース。屋上の小さなライムの木で羽化したクロアゲハの幼虫約10匹も、昨日、今日で近くの緑地のカラタチの藪へお引越し。

今日訪れた東海道線沿いの小さな街には、ツバメが多かったな。みんな低いところを飛びながら住宅や店舗の軒先に巣を作っているところでした。

このヒトは、私から約2メートル離れたところで美容室の網戸の上に、クチバシの中で捏ねた土をチミチミ積み上げながら巣をつくってた。
e0151091_20133702.jpg
春って、色々なところでお母さんがタマゴ産んだり、子どもが育ったりする季節なんですねー。人間以外の色々な家族も、私たちと同じ空間で、育っている季節。





by nicecuppatea | 2016-05-16 20:18 | バスケット編み | Comments(0)
<< イヌネコ関係 ネコとカゴと… >>