それぞれの成長

仔猫たちの朝の運動会を見ていると、運動能力の高まり方、体の大きくなり方がよくわかります。廊下を走る音が大きくなる、ジャンプして届くところが高くなる、運動時間が長くなる、など…。

ただ、個体差も出てきているようです。目下の心配はエビ蔵(- -;)

生まれた時は一人で体が大きくて産道を下りられず、帝王切開の原因を作った張本人。今晩越すか…と心配だったアケビなんかと比べると、元気もあり、お乳も一番「出」がいい場所を占拠していたんだけど、前にも書いた通り、吐き癖があり、毎回、ご飯を食べた後は「高い高い~♪」をします。こうやって1分ぐらい吊るしていると「…ゴフッ…」と小さい音でげっぷが出ます。
e0151091_20101779.jpg
それを習慣にしてから、とりあえず吐かなくなりました。やっぱり獣医の先生が言ったみたいに、食道煮詰まりやすいことが嘔吐の原因なんですかね。で、気が付いてみたら、あんなに小さかったウズラやアケビにも体の大きさで抜かれている…

食欲は一番あるし、よく遊ぶのですが、その遊びの「激しさ」が末の双子の姉妹に比べると、少なめというか(^^; 他の仔がレスリングや追いかけっこで激しく遊んでいても、ヒトを追っかけてきて、膝でちんまりと丸くなりたがり…これは単なる「男の子の甘ったれ」なのか。いつの間にか一番幼くなっちゃいました。

最近、ウズラやアケビはしなやかな筋肉がついてきて、肩甲骨のあたりなんか、小さいなりにすでに「獣」の雰囲気。かたやエビ蔵はまだポワポワした毛で、まだ赤ちゃんっぽい。
e0151091_20110366.jpg
e0151091_19575560.jpg
4匹もいると、いろんな子たちがいるのでしょうね。食欲が落ちたりしない限りは、個体差と思って、見守るしかないのかな。


by nicecuppatea | 2016-05-13 20:13 | 湖(うみ)一家 | Comments(0)
<< ネコとカゴと… GW終了~ >>