3月の狭山市楽市楽座に出店しました

昨日、4か月ぶりに出店した狭山市楽市楽座。

陳列してから、バスケットの編みっぱなしだった端っこを切ったり、「いくらにしよう…」と思いながら値札を作って、つけたり…。いつも最初から最後までバタバタしていてほとんど写真も撮りませんでしたが、とりあえずスタート前に一枚。
e0151091_19013849.jpg
今日は、朝5時半ごろにいつものウチの周りのワンズの散歩道で…見つけましたぁ(笑)私にとっての春の使者、アミガサダケ。昨年生えていたのをダンナが見つけたところを何気なく眺めていたら、もう出てた。今まで大体GWぐらいだったのに。やっぱり全体的にみて暖冬だったからかな。目が慣れるとたくさん見えてきます。

毎年書いてますが、イギリスにいる時、「モレイユ」として習って「薫り高いキノコ」と聞いていて、5年ほど前に埼玉に越してきて以来、公園の桜の根本を春に見ていると色々なところで見つかるので、毎年採っては料理しているのですが、今一歩香り高い一品には至らず^^;

いずれにしても乾燥させて保存するので、バスケットに並べて市に持っていくことにしました。ちょっと計算づくな感じですが(笑)
e0151091_19020186.jpg
立ち寄ってくださった方の中には「何ですか?これ。」「えー食べれるんですかー、ムリムリ~!」といった方々が。ハニカム状のカサが美しくて「一つもらって帰ってもいいですか?」という方もけっこういらっしゃいました。話題になったことだけは間違いない。

キノコとか実って、やっぱりバスケットと相性がいいなぁと思います。いつも黒米を持ってこられる飯能の出展者の方が、ご実家の長野から送られてきたリンゴを天日で乾燥した「リンゴチップ」を売っていました。切ったリンゴを干しただけのものが、なんと深い甘味を醸し出すのか。

ドライのものもなんだかカゴに会うなぁ。
e0151091_19040091.jpg
こちらは、乾いたアミガサダケ。
e0151091_19034325.jpg
たくさんお買い求め頂いたので、これから来週のジョンソンタウンのワンデーマーケットに向けて、再び編みますー

by nicecuppatea | 2016-03-27 19:06 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 引っ越しました 明日の狭山市楽市楽座に出店予定です >>