3か月振りの畑

そろそろ春の気配がしだしたし、冬の決まり事である「たき火」も一度もやっていないから、と11月末以来、3か月振りに畑にGO!

たき火では秋まで頑張っていたトマトやナスの枯れ木や、葉っぱが落ちたラズベリーの剪定をして、トゲトゲのシュートも全部燃やします。もちろんその中にはたき火番のみなさんへのご褒美も。
e0151091_18290861.jpg
おやつを手から取るとき、権蔵はとても優しく取るのにピーチは野生を感じさせる^^;
e0151091_18292341.jpg
ラズベリーと違って、トゲなし種を植えたブラックベリーはワイン色っぽい長いシュートが、なんとなくカゴ編みに使えそうなので、燃さない^^ ブラックベリーのシュートは、伸びた先が地面についた途端、再びそこからすごい勢いで根が出てきます。天地無用か。ちょっとでも土について根っこが出たしたところは、すかさず全部掘り返して取り去らないと、あっという間に畑中が占領されそうな勢い。
e0151091_18294173.jpg
シュートは、とりわけ寒い間に赤が濃くなります。その色が見えるようにするには、フレームバスケットよりプレートがいいかなと思って編み始め。もうそろそろツルの手持ちは減っていますが、これば、ちょっと残ったヤマブドウをフレームに。真ん中の芯は、今日部屋に掃除機をかけていたら棚の後ろに落ちていたのをみつけた、太い葛を二つに裂いて編んだ後の残り。
e0151091_18423171.jpg
今年の初夏になったら、この上にブラックベリーを摘みたいものだ♪

by nicecuppatea | 2016-02-21 21:15 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)
<< 湖の検診 さらなるミニチュアプレート編み >>