「ほっ」と。キャンペーン

さらなるミニチュアプレート編み

先日、会社帰りにプレート型のミニチュアバスケットを作ったところ、けっこうかわいい、というお声を頂き、調子に乗った私^^ それに手間がかからないし、会社に行く荷物が少なくて済んだので、これはもうちょっとやってみよう!と。

昨日の朝、通勤の時に持って行く編み材としてカバンに入れたのは、庭にあればほうきで掃いて捨てるようなものばかり(笑)。部屋の中に数本残ったままになっていて、この私でも「使うか…捨てるか…」と悩むようなムギ穂の短い茎6本、杉の皮の残り5センチ、レモングラスの葉1枚、その他2,3本の細い残りヅル。

ミニチュアバスケットは直径が長い所でも5センチ弱。残っている素材もよほど短いものでなければ編みこむのに使えるし、細い素材や腰のない素材でもOK。自然、編みこめる素材のバラエティが広がることに気づきました。数本の縦芯に色や素材を考えながら編んでいくのは、どこか機織りで生地を織るのと同じ原理かも。編みこんでいく素材で出てくる極小の模様がけっこう無限のバラエティで楽しい♪
e0151091_20181640.jpg
ムギ穂の茎は三つ編みに、レモングラスの間に編みこんでみて、アクセントになればと。茶色いのは杉皮。こんなものを捨てずに「使おう」と取っておいた自分が恐ろしい(笑)でも使えたし。帰りのバスの待ち時間にもう一つ作成。
e0151091_20211613.jpg
これでますます可燃ごみ系を捨てなくなるなぁ^^;



by nicecuppatea | 2016-02-20 20:24 | バスケット編み | Comments(2)
Commented by るり玉 at 2016-02-21 14:36 x
こんにちは♪

杉の皮がアクセントになって可愛いプレート!
こんな小さなプレートの中に違う素材が編み込まれてて、
ある意味とっても贅沢でほんとに可愛いと思います♪
nicecuppateaさんの手は魔法の手ですね♪

こうしてつる編みのことに一生懸命になれる時間が増えたり、
チビ太くんのお花を忘れてたり・・・、
湖ちゃんとご主人を引き合わせたチビ太くんの思い通りですね(*^^)v
お空からチビ太くんが「これでよし」って微笑んでいるような気がします。
湖ちゃんの唐草模様の首輪、日本猫らしくて似合っていますね♪
パパ、センスいいわ~~~♪

Commented by nicecuppatea at 2016-02-21 21:21
るり玉さん、いやぁ~、チビ太のお花が萎れていたのは、すごい自己嫌悪でした。それがやつの思い通りなのか…そういえば、ウミが来たその日から、一度もピーチがダンナの布団に入らない(爆)そこまでチビ太から申し送り事項があったのかと思うと、我が家の毛族、結構深いな^^;;
<< 3か月振りの畑 純日本的。 >>