妊婦を取り囲むお産知らずのヒトタチ

自然、この話が多くなってしまう最近ですが…m(_ _)m

日に日にお腹が横に大きくなるウミ。本人はウチじゅう走り回ったり、ヘソ天で寝たりして、不安げなところは全くないのですが。
e0151091_19433009.jpg
ウチに来た時にだいぶお腹が大きいと思ったけれど、毎日、あ、まだ大きくなるんだ、というカンジです。時々お腹の横がウニウニっと動いたりする。

チビ太を見送った時に私が居合わせなかったように、お産の時もきっと私は留守なんだろうな…とダンナも思っているらしく、お産の時何かあったらどうしよう…と、すでに本領発揮して心配しまくっています。

「途中でお産放棄しちゃったら人間が糸で縛ってへその緒切らないといけないんだって」「仮死状態みたいなのが生まれて来たら、どうしたらいいんだろう…」「今日突然生まれたりしないかな…」そう、中年からそろそろシニアが視界にはいっている我が家(毛族ともども)なのに、誰も経産婦がいないんですよ(爆)

心配している我らの気持ちを知ってか知らずか、ウチじゅう走り回ったり、伸び~っと寝ていたり。お前、もしかしてまだ自分が仔猫なんじゃ…。
e0151091_19442764.jpg
かと思うと「もう産みたいのか」というダンナの心配があたるのではと思うほど、ウチじゅうの隙間と言う隙間を探検し、そこに入ろうとします。
e0151091_19445148.jpg
でもなぜかだんなが作った段ボールのウチはあまり人気がなく^^

階下の獣医さんに連れていけば看護師さんから「先生、妊婦さん来ました~♪」といわれ、つい一か月ちょっと前のことを思いだして、なんだか一言で言い表せない気持ちになったりします。

今月23日がチビ太の四十九日。お産はその少しあとぐらいか。何なんだろうなぁ。


by nicecuppatea | 2016-02-18 19:58 | 湖(うみ)一家 | Comments(6)
Commented at 2016-02-18 20:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nicecuppatea at 2016-02-18 20:54
Sさん、
やはり、計らいなのか…さすがにそういう思いが強くなってきました。だって、ウチの中で間違いなく笑顔が増えてきましたから。今は不思議…という気持ちの中に徐々にありがたく…という気持ちが湧いてきています。
Commented by mana at 2016-02-18 21:04 x
こんにちは~!妊婦さん記事楽しみつつ 普段のかご編み編も増えてきたのでちょこっとずつ普段のnicecuppateaさんに戻ってきてるのかな。。。と思いつつ拝見してます。ちび太の事ばかり考えていた時期が過ぎると チビ太の事を考えない時間もできて来て そうなると自分を責めたりしちゃうものですが、それが自然の流れですし ちび太が一番嬉しいことなのでそんなふうに思わないでくださいね~!(自分の経験談)  それで妊婦さんの事ですが…わたしもいろいろ妊婦さんの産みたそうな空間作ったりしましたが、結局ラストは本人が気に行った暗い場所で一気に産みました。納戸の奥の暗~い誰も入ってこなさそうな片隅で。 もうあんまり覚えてはいないのですが、ある日なんだか虫の知らせで 産みそうだ!と思い動向を気にしていたらいきなり2階へ。「え!そこで産むの?」と思い慌てて使ってないシーツをぐしゃっと丸めてその片隅に置いたけれど 結局シーツからはみ出して産んじゃってました。笑 生み始めると覗かないほうがいいみたい。(と言いつつも見てましたけど 笑)   産んだ後はしばらーく子猫たちをなめまくって、子猫たちもおっぱいにすぐくらいついて飲んでました。うちでは4匹生まれました。 nicecuppateaさん宅がどんな間取りかはわかりませんが 押入れとかがいいのかな・・?ワンちゃん達が行かないことが大事かも。産む前や産んだ後はかなり気を張っているのでとにかくそっとしておくことです。自力でおっぱいまでたどり着けない子もいたりするかも。しばらくしてそういう子がいたらうみちゃんに渡してみるか それでもほっとくようなら自然界では淘汰されちゃう子なのかも。人間が完全に面倒見る覚悟があれば病院へ。とにかくあっという間なのです。でもおか―さんになる子はちゃんとおか―さんやれる能力があるから信じることかな。  なんて… うちのおかーちゃん猫は百戦錬磨のおかーちゃんだったので堂々としたもんでした。 産んで1カ月くらいしたら産んだ場所から子猫を1匹ずつ加えて場所変えもしてました。  あ~楽しみ♪です。 わたしの経験談の中で思い出したことあったらまたコメントさせてもらいますね。 旦那様がんばれ~!
Commented by るり玉 at 2016-02-18 23:38 x
こんばんは。

湖ちゃんは、かなり美人なお嬢さんですね。
まるで生まれたときからこのお家で暮らしてるようなくつろぎっぷり・・・。
チビ太くんの四十九日近くに新しい命が生まれる・・・、
やっぱりチビ太くんが運んだ「縁」としか・・・。
「悲しまないで。この子を可愛がってやって。」って、
湖ちゃんを見つけやすいところまで、チビ太くんがご主人様を誘導したんじゃないかって思えて仕方ないのです。

Commented by nicecuppatea at 2016-02-19 21:59
manaさん、情報、ありがとうございます~!ウチでもさすがにワンズど部屋をどう分けるか…は真剣に考えているところ。あと、ダンナにはとにかく手は出すな!と。一度人間が手を出してしまったら、ホント、3時間ごとに授乳したいといけないんですものね?いずれにしても猫たちに対しても「案ずるより産むがやすし」は、当てはまるのでしょうね。また、何か思い当たることがありましたら教えてください~
Commented by nicecuppatea at 2016-02-19 22:02
るり玉さん、最初は「こんなことってあるのかな」「どーなっちゃうのかな」ということばかり思っていたのですが、最近は「チビ太、そう言ってるのかな」と受け入れたいような気もしてきたんです。これでもし、生まれてきた仔の中に、なんかしっぽがくるっと曲がりくねったような、白茶で薄毛の仔が混じっていたりしたらもう…ねぇ(笑)
<< 純日本的。 ちまっ、としたバスケット。 >>