イヌネコ関係

不思議なくらい人に対しては警戒感のないウミ(「湖」ですが、文字に起こすとよくわからないのでここでは敢えてカタカナで)。初めて会うダンナに2キロも抱かれて狭山湖から連れてこられたかと思えば、私が夜帰宅して、早速にゅ~っと手を出してアタマをなでても頭突きしてくる有様。こんなに初めて会う人に慣れ慣れしくて大丈夫なの??

夜鳴きをしたのも最初の2-3日。今は大人しく夜中寝ています。

後は、ワンズとの相性だけか…。

そもそも、これから猫を新たに迎え入れるとしてもワンズとの相性があるからやはり成猫は難しいよね、と話していたぐらいだから、最初からその難しさは想像がつきました。でもこれだけ人に警戒感がないのだから、イヌも…と思ったんですよね。きっとそれまでの自分の生活にワンズがいなかったのでしょう。

そんな中ピーチに対してはそばを通ってもそんなに音を発しなくなってきました。彼女は良くも悪くも無関心。全くちょっかいださないからね。

対して権蔵。もう、興味があってしょうがないんですよねー。ところが「気」が自分に向いているのがイヤなんでしょうねぇ。不思議なのは、自分からそばに近寄るときは唸らないんですよ。権蔵の方から来ると30センチぐらいのところで「う~~ぁ~~ぁ~」と警戒音を出します。最初は70センチぐらいだったから、まあ、進歩。

そこで今日は戦略的位置取りをして、権蔵のしっぽでウミを遊ばせてみようと♪
e0151091_21025877.jpg
やはり、目の前に権蔵のシッポがあるとチャイチャイしました^^ ただ、それで終わり。そばにいると警戒している眼差しは変わりません。
e0151091_21035462.jpg
心なしか権蔵の顔に憂いがみれます。
e0151091_21024835.jpg
がんばれ、権蔵!




by nicecuppatea | 2016-02-16 21:07 | 湖(うみ)一家 | Comments(0)
<< ちまっ、としたバスケット。 今週のよろずヅルバスケット >>