こんなことって…

昨日会社で。翌日からの大きな社内イベントを目前にばたばたと仕事をしているところに、ダンナから電話が。メールじゃなくて電話、ってのは「急」ってこと。出ると、「大変なことをしてしまった…」と。過去に「大変」て言った時は、自殺者の第一発見者になったり、傷害事件に巻き込まれそうになったり…ドキドキしてしまって、前置きが長すぎてイライラ。

「いつもの通りジョギングにでて、湖の前を通って、お手洗いのところまで行ったら、猫がいて…」

猫を撫でていたら言いがかりでもつけられた、とか…?


「いくらおいて来ようとしても何百メートルもついてきて、車道を渡ろうとするから危なくて…」

一緒に車にひかれそうになったのか…?


「仕方がないからウチまで連れて帰ってきちゃった。」


なんと。猫を拾ったということだったのか。でも大変な事って?


「で、ノミ駆除してもらおうと思って獣医さんに連れて行ったら『仔猫がお腹に
3匹います。お産は2月下旬から3月上旬です』って。」


え?


ということで、その猫がまだウチにいます…明らかに人慣れしていて、まったく人を恐れない。
2キロもおとなしく抱っこされてウチに来たらしい。

e0151091_15352264.jpg

獣医さんによると昨年春生まれの1歳ぐらいの女の子。もう妊娠か。出会った場所は狭山湖畔の周りに全く家のないところ。飼い猫がいるには不自然なところです。妊娠したから、ってそういうところに捨てられたのでは、というのが獣医さんの見立て。

「先の事なんて全く考えてないけど、この寒いのに妊娠している猫をあそこに置いておけないよ」


私もまったく先の事なんて、考えられないよ~!!


とりあえず、権蔵のクレートが昨晩のお部屋になりました。

いったい、うちはどうなっちゃうんだ。。。


by nicecuppatea | 2016-02-09 19:23 | 湖(うみ)一家 | Comments(6)
Commented by atelier223 at 2016-02-09 21:10
こんばんは~☆
それは大変! ほんと大変!
もし、先々、猫ちゃん達の里親さん探しをされるなら、私も友達に声かけをしてみますね。
お手伝い出来ることが微力でゴメンナサイ。。。

しかし賢い母猫さんだわぁ。
人を見抜く力が抜群です!
お産は命がけですもんね。
安心して全てを預けることが出来る人を見逃しませんでしたね!
Commented by nicecuppatea at 2016-02-09 22:05
atelier223さん、
お力添え、ありがとうございます~(>_<)もし本当にお手伝いを頂きたいような状況になったらお声掛けさえていただきますm(_ _)m 

まだ仔猫に毛がはえたぐらいの若猫だし、ダンナは獣医さんには「いまなら中絶することもできますけど?」と聞かれて、「いやいやいやいや!!!!」と答えたらしいんですよ(笑)それは、私でもわかるんですけどね…まあ、初産で本当にどれだけ生まれて、どれだけ育つのかもわからないですし。

獣医さんも今までのダンナの経緯(権蔵やムギをウチに連れて来たときのことや、チビ太が逝った時のこと)を私以上に近くで見てるから、「生まれてくる仔はチビ太の生まれ変わりね」なんて、重たいことをサラリと言うんですよ(苦笑)

でも、確かにお母さん猫にしてみたら、一世一代の賭けだったのかもしれませんねぇ…


Commented by mana at 2016-02-10 13:08 x
こんにちは。思わず書かずにいられずまたコメントします。笑また うちの話をしちゃいますが・・・うちでは病気で逝ったニャンコの後、6年ほどして残った1匹で飼っていた大事な子を家の前で轢かれて亡くしたのですが、その後しばらく辛い時期が続きました。
そしたらどこからともなく白い猫がやって来て家にいついたのです。そして家の中に出入りするようになったかと思ったら ある日2階の納戸の中で4匹の子供を産みましたよ~。
今思えばあれは事故で亡くなった仔の仕業じゃないかと…笑
あんまり落ち込んでる私達夫婦に「落ち込んでいられないほど大変で楽しい猫サプライズ!をプレゼントしてやろう」ってね。 
その後その4匹もぐんぐん大きくなり母親猫は実家へ戻り昨年老衰で天に召され 父さん猫は最近「歳だから…」とずっとノラだったのですがうちに住むようになったり…
猫は出入り自由の農村地区の家なので 紆余曲折 只今5匹が一緒に暮らしております。
猫の神様ってきっといて こういう采配してるんだっていつも思います。
このおか―さん猫ちゃんもその猫の神様に 「その男の人について行きなさい!」って言われたのだろうな。。。
なんて他人事のように書いちゃいましたが 子猫のうちは貰ってくれる人は見つかりやすいもんです。がんばってくださいね。
(お産見れると感動モノですよ。産んだ後あんまり人やらワンちゃんやらが見ない暗くて静かなところが必要です。)
ワンちゃん達と仲良くできるといいですね~。
Commented by nicecuppatea at 2016-02-10 21:40
manaさん、猫の神様ですかぁ~(泣笑)そういうことって、他にも世の中に起きてるのですねー。チビ太の最期を看てくれた獣医さんが、具合が悪いのに元旦に奇跡的に1日だけ「復活」したのをみて「猫はね、化け物なのよ(笑)」と言ってました。つまり、理屈では説明つかないことができてしまうんですって。確かに、ダンナはあれ以降「猫、落ちてないかなー」って言いながら歩いていたんですよ。とはいえ、まさかこんなことが、こんなスグのタイミングで起こるなんて、さすがの私も、想像だにしていませんでした。ホントに、「猫神様」なのか???
確かに、ワンズとの相性が今のところの課題です。あとは、外猫だっただろうお母さんが、マンション3階の「完全室内飼猫」にされるわけなので、今のところ「夜鳴き」がすごいです(^^;
幸い(?)私は昨日から出張中で、今は私は安眠中(^_^;)ダンナが一人で眠れぬ夜を過ごしています(笑)
Commented by eatsleeplove at 2016-02-11 06:32
うわーー!これはご縁としか言いようがないですねえ。ひきよせの法則とでも言うのでしょうか。素敵なご夫婦をちゃんとわかっているような!明日から日本ですが月末に帰って来る頃のお話が楽しみです。生まれてるかもしれませんね!(生むまでいるんですよね、きっと)
Commented by nicecuppatea at 2016-02-11 20:15
eatsleeploveさん、やはり、「ご縁」なのでしょうかねぇ(笑)当事者、まだ半信半疑です^^;
この子、産むまでいるのか…と思っているうちに名前がついており、2泊の出張から帰ってきたらウチじゅうまた猫グッズだらけ。はい、産むまでいるんだと思います^^;;;
関東地方は今がちょうど季節の変わり目です。北風が吹いたと思ったら、もうそろそろ春一番も吹くらしい。お体に気を付けて、楽しい旅を!
<< 猫神様は突然に…? カゴを編まないのならば >>