一富士二鷹三茄子?!

お正月の3が日、どこへ行くでもなく、朝、ジョギングして、帰ってきてチビ太を獣医さんに連れていき、その後箱根駅伝を見て、昼過ぎにワンズの散歩をして…その間におせちやお雑煮をつまむ…という、淡々とした日々。

気が付いたら正月3日間、毎日快晴で、走るたびに狭山湖や多摩湖の奥に綺麗に富士山が見えてました。で、今日。狭山湖畔で、大きく旋回しながら湖に下りてきて、うぁしゃっ!と白っぽいものを湖面でわしづかみにした猛禽類を見た!鳶か?いや、私はこれをオオタカと信じたい!

狭山湖畔はオオタカの生息地として知られています。ダンナはジョギング中に至近距離でも見たことがあるらしいけれど、私は初めて。鳶より大きかったぞ。いち富士に鷹とくれば…と、帰りがけに買い物をしたスーパーでわざわざ青果売り場のナスを「みた」^^;

「夢」に現れたわけではないけれど、実物見られたんだから、尚いいじゃないか。幸先良いかも…と何でもよいから思いたい。

チビ太は本当に「元旦の奇跡」だったのか。ふたたび全く食べない日々。無理くり口に押し込むのもいったいいつまでやってよいものか。獣医さんいわく「猫は『化け物』よ」。時折、理論的には考えられないような復活をすることがあるんだって。そうなると、こちらももう、理論じゃなく、ただ淡々と彼の調子の良しあしに付き合うだけということなんだな、きっと。

ワンズだって冬休みなんだから長い散歩に連れ出したい。こんなに穏やかでいいお天気のお正月なんだし。
e0151091_21112613.jpg
e0151091_21115423.jpg
次回のマーケットに向けて、それでも編みためたい。
e0151091_21121069.jpg
とにかくウチ周辺に張り付いた生活をしているお正月です。

by nicecuppatea | 2016-01-03 21:13 | 暮らしのアイデア | Comments(0)
<< お休みもあと少し 謹賀新年2016 >>