トウモロコシの皮がたくさんあったので

どうも涼しくなってきたら朝目覚めるのが少し遅くなってきたような。

自然、朝の時間に余裕がなくなります。て言っても遅くとも5時20分過ぎには散歩にでているんですけどね。

朝ばたばたするけれど、通勤の間中、もし何かがあった時のために(?)、道中自分を退屈させないですみそうな小道具は持って家を出たい。つまりそれは、かごを編める素材。で、玄関に向かう途中に、この間駐車場のそばでむしりとって帰ってきたヒメツヅラフジとウチ中に潤沢にあるトウモロコシの皮、そして水に戻せばすぐにやわらかくなる杉の皮、2-3枚をもって、カバンに入れていきました。

駅のベンチについたところで、持っているツルの中で一番固くてしっかりしたヒメツヅラフジが縦芯になることが自然と決定。手元の量から逆算して、どれくらいの大きさのバスケットが編めるかを考えて、電車が来るまでの間に縦芯を必要な数だけ切っておきます。

で、電車の中で底を編む。
e0151091_22064028.jpg
縦芯を立ち上げたところで、ついにトウモロコシの皮が登場。今回はなんとなく、ヒメツヅラフジとトウモロコシの皮をよじりながら奇数の縦芯に編み込んでみた。
e0151091_22065453.jpg

途中で杉の皮を編み込んで来たら結構模様が浮き上がってきて、うれしくなってほぼ30分ちょっとの乗車期間中に大体形が完成。
e0151091_22071127.jpg
今回は縦芯を2本だけ長くして、取ってを編んでみました。ちょっと左右ぴったり対象ではないかもしれないけれど、まあ、実験作品としては面白かった。
e0151091_22072556.jpg
なんか私には、大きな作品を週末に、はぁはぁして編み上げるより、通勤時間に楽しめる、小さいかごをいろいろなイマジネーションを膨らませて、試しながら作るのが無理がないかもなぁ~

今日もきっと私は笑いながら編んでいたに違いない^^;

by nicecuppatea | 2015-08-20 22:09 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by るり玉 at 2015-08-21 09:13 x
こんにちは♪

小さな通勤かご、読んでて、私もnicecuppateaさんにぴったりだなぁって思います。
端切れならぬ端枝や捨てられてしまう運命のトウモロコシの皮などを、
魔法の手で小さなかごに仕立てていく・・・。
それも通勤時間という使えそうで使いづらい時間を使って。
そういうところがなんともnicecuppateaさんらしくって大好きです♪
この小さなかご、皮ひもに通してネックレスっぽくしたらマーケットで売れそう♪
平たくてちっちゃなお皿を編んで、ドライの実ものとかをくっつけてブローチっぽくしてもナチュラルなかばんとかに合いそうですよね。
nicecuppateaさんの小さな可愛いかごを見ていたら、
あれこれ想像しちゃいますよ~~~( *´艸`)

ちび太くん、よかったですね~。
盆踊りポーズ、リラックスしてて可愛い!
Commented by nicecuppatea at 2015-08-21 19:44
るり玉さん、良いアイデア色々をありがとうございます??自分では思ってもみないアイデアを聞かせて頂くと私も更に妄想が広がります(^-^)よし!ちょっと今まで以上に考えてみよう!と思いました。なんか面白いモノができたらまた紹介させていただきますね〜♪
<< やらなくてもいいものを… こ…これは?! >>