目くるめく…

昨日土曜日は、「この夏一番の暑さになるでしょう」という予想の中、先週1週間、貯めにためてきたベリーや、かごや、畑のハーブを車に詰め込んで、狭山市楽市楽座の会場にGO!
e0151091_16522609.jpg
ここ5日ほど、毎日35度前後の気温の中、旦那が南国のヒトのような暑さへの強さを発揮して、毎日数キロのベリーを収穫。冷蔵庫のすべての棚がベリーで埋め尽くされ、それでも入りきらなくて、持っている保冷箱に保冷剤をたくさん詰めて、そこにも採ったベリーを保管。

最近アンチエイジングに目覚めたのか、ベリーをパック詰めしていると必ずそばにやってくるピーチ。
e0151091_16523611.jpg
権蔵はピーチのやることを真似る傾向が。キミも好きなのか。
e0151091_16524380.jpg
私がうしろむいたら、「ウヒヒ」って、悪い顔してないか。
e0151091_16525497.jpg
とりあえず、うちにあるもの総動員で、できるだけベリーが直射日光に当たらないように、パラソルを立てて、開店!
e0151091_16531068.jpg
ベリーは160個、パックづめして持って行ったけど、パックに入りきらないものがまだまだ…結局40キロほどを持参。
e0151091_16532767.jpg
いざ、お店開きしてみたら、開店時間前から多くのお客様が、「安いですね!」といいながら立ち寄ってくださり、気づいてみたら昼過ぎまでほとんどお客様が切れることなく。

ブルーベリーはどうしてもお菓子で味わうことが多く、生で食べると思った以上に「酸っぱ!」という方も多いので、「甘いの?」と聞かれるたびに、「いえ、酸っぱいです!」と正直に。酸っぱさってホント、人によって感覚が違うのですよね。買っていったらウチ帰って食べてがっかり…ってなことにはなってほしくないので、「試食してくださーい。おっきくて黒くて、粉吹いているっぽいのが甘いです。そういうのを3つ、4つまとめて口に入れてみてくださいねー。」と皆さんに説明しながら。

アタフタしながら売っていたら、ふわぁ~っと吹いてきた風にパラソルがあおられて、その下に固定してある机が傾き、写真の青いザルに入っているブルーベリーが

ざざぁーっ

っという音とともに、路上にこぼれていきました。さながら映画の1シーンで、逃走する車にぶつかられる八百屋さんの果物が飛びちるみたいな感じで(^^

さらにあたふたして路上のベリーを拾い集めていると、隣で出店していたおばちゃんたちが助けに来てくれて、手持ちの紐で机とパラソルを手際よく固定してくれました。こういうの、身に沁みます(T T)

さらに一人でハァハァして売り続けていると、「お昼、食べてないでしょ!」と手作りのおひるごはんをおすそ分けしてくれて。
e0151091_16534667.jpg
なんだか田舎のおばあちゃんのウチでごちそうになるような味。普段自分で作らない「家庭の味」は、何でもごちそう。

そうこうしているうちに、ベリーを買ってくださった、結構年配に見える女性の方に声をかけられました。

「籠をあんでらっしゃるのね。私はね、籐を編んでいたんだけど、もう首が痛くてやめることにしたの。よろしかったら籐を使って下さる?よかったらウチに帰って持ってきます」と。

普段、売っている籐を買って編むことはありません。そもそも販売するものは「自然からいただいたもので作ってます。だから壊れたり飽きたりしたら、野山に返してください」という感じで作っているものなので、いただいたとしてもその藤を通常マーケットで販売するようなかごを作るのに使うことはありません。でも、私ももう自分では使わないと決めたものを、どうやってその先につなげるかで悩むたち。その方も大切にしてきたものを手放すのに、行先を探していらっしゃるような雰囲気だったので、ありがたく頂ます、とお伝えしたところ、30分後に持ってきてくださったのがこれ。
e0151091_17421227.jpg
ずいぶんたくさんですね!お支払します。

「いえ、いいんです、ウチにあると気になっちゃうので、使っていただけるなら」

お礼にはブルーベリーを。せっかく大切に保管していたものを譲り受けたので、これ使ってウチの畑でベリーや野菜を収穫するときに使う、収穫かごを作って自家使用したいと思います。

午後3時。ベリーは160パック、ほぼ完売。なんだかいろいろな出来事が次から次へと起きたなぁ。でもなんだかあまり疲れは感じないで、帰途につきました。

やはり、マーケットはありがたいです。なんか。




by nicecuppatea | 2015-07-26 17:45 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by eatsleeplove at 2015-07-28 07:24
そんなに沢山のブルーベリー、全部売れて、がんばった旦那さんさぞ嬉しかったでしょうね!日本はまだブルーベリーの生は浸透していないんですか?

うちの藤、10年以上たったのが沢山あって、何日も水につけましたが、ぼろぼろ折れました。頂いたのは新しめでうまく使えるといいですね!染めるのも楽しいですね。
Commented by nicecuppatea at 2015-07-28 21:40
eatsleeploveさん、確かに(笑)ダンナの機嫌は上々だったような(^^)
日本でも生のブルーベリーはスーパーでちょこちょこ見られますが、そこまで一般的な果物ではないですね。だから高いんじゃないでしょうか。生でみるといえば、カフェのスウィーツの上などにデコレーションとしてひと粒のっている、とか。
当日頂いた籐は、時間ができたらじっくり編んでみようと思います。多分秋になってからだから、畑のベリー収穫に使えるのは来シーズンかなぁ(笑)出来上がった暁にはまたご紹介させて頂きたいと思います~
<< 忙しいヒトも、そうでないヒトも 7月24日(土)楽市楽座でブル... >>