初夏の陽気の楽市楽座に参加しました

今日は関東地方は春というより初夏の陽気でした。よい陽気の青空マーケットはそれだけで気分がかなり上がります。

部屋で「たくさんある」と思ったかご達。いつものことですが、青空の下ではその量はとてもつつましいカンジに。それにしてももうちょっと、陳列を考えればよかったなぁ。
e0151091_20054396.jpg
最近は会場内のメインの場所ではなく、会場の外周でバス通りに面したところに出店しています。ここだと人通りは少し減りますが、なにより芝生に隣接していてワンズが暑すぎず芝生に寝そべっていられるのが、私たちには安心。

出店場所はスロープになっている芝生の丘の上。そこからメイン会場が下に見渡せます。朝、会場の一番下に止めた車から、丘の一番上までダンナが何往復かして、カゴやら机やらを手で運びます。ワンズは私と一緒に丘の上の自分たちの出店場所でモノが運ばれてくるのを待ちます。

ダンナと私の間の距離が離れると途端に不安になる権蔵。ダンナが荷物を取りに下りていった先を見ながら、

うぉ~んっ!うぉ~んっ!

かつて、この犬種がヨーロッパで猟犬として活躍していた頃は、この声が山を越えるほど通る声だからと重宝されたそうですが、都市生活を営んでいる現代の日本。小高い丘の、フリーマーケット会場の上でその本領を発揮されたのではたまったものではありません。会場中のヒトがその声の方を振り返った…ように私には見えました。

もちろん、そんなことにはまったく興味を示さないgoing my wayのピーチさん。
e0151091_20035162.jpg
マーケットはまた色々な方とお話できる機会となりました。このブログを見て、わざわざ会場に来て下さった方もいらっしゃり。ありがたいやら恐縮するやら。せめて、興味を持たれていることがあれば少しでもそれに役立てて頂ける機会になればと願っています。
e0151091_20041851.jpg
そして今日ついに!「あの…電車で編まれているヒトですよね?」とお声掛け下さる方が現れました。

今まで3年ほど、朝の通勤電車でかごを編んでいる時に人から声をかけられたことは一度もなく、興味がある風に見える人もいなかったので、図々しい話ですが「私は自分の姿を消せている」ような気になっていました。こんな奇異なことをしている割には「人には見えてない、見えてない」と思っていた…というか、そう信じようとしていたところがあります。

「あ、しゃべりかけてみようかなーと思ったんですけど、集中されていたので…」

いえいえ、それ集中というより、ある意味自分の姿を消そう、消そうとしている証でもあり(^^; 私にもどこか守るべきものがまだ残ってるのかも。

とはいえ、来週の日曜日はもうジョンソンタウンのワンデーマーケット。今日もたくさんお買い上げいただいたので、来週も通勤カゴ編みにいそしみます♪


by nicecuppatea | 2015-03-28 20:06 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 自然の甘み 明日の狭山市楽市楽座に向けて >>