プレート編み講習準備

しばらく間が空いてしまいました。月曜日は会社を休み、来月の新しい試みについて準備したりしていたんですが、それがアップに追いつかず(- -;) まぁおおごとではないんですけどね、全然(^_^)

近くにある稲荷山公園は自然の野山みたいな、大きな公園。そこで剪定されたものを使って、平らなプレートを編もう!

…という企画を、4月、ぶっつけでやってみよう、というなんとも私的には大胆なお話になってきてしまいました。当日は、事前に用意しておいた輪っかのフレームを使って、公園で見つけられる枝やツルでその中を編んでプレートを作っていこう、という興味のないヒトには全く興味がなさそうな内容(笑)出来上がりイメージはこんな感じ。
e0151091_21255046.jpg
赤っぽい枝はヤナギで、公園にはないから今回は違った種類の枝を使うことになると思うけど。で、月曜日は下見を兼ねて、まず公園にあって、使えそうな素材探しを。こんな剪定枝の置場がありました。
e0151091_21023185.jpg
今の時期に剪定された枝は、落葉樹であれば葉っぱがでていなくて、枝が絞まっています。プレートはそんな枝で編むのが最適。ん~、葉っぱがでていなくてあまり樹液があがってきていない枝がいっぱいある今こそが、一番素材が豊富かも。4月終わりの教室じゃ、開催が季節的に遅かったかなー。

ここからできるだけ枝のでていない徒長枝みたいのを選んでフレームや縦芯用に保存予定。こんな枝が、まっすぐで曲がりやすくてフレームに使えるかも。
e0151091_21025445.jpg
枝を切り落として輪っかにしてみる。そのままの形を保って、ウチに持って帰り茹でて熱を加える予定。そのまま4月終わりまで干して、フレームを形作ります。これを(想定)参加者人数分作成。
e0151091_21030259.jpg
左に見えるのは、剪定した杉の木の皮。剥げた分だけ持って帰ってきました♪ これも編み材として使えるお宝。
e0151091_21405386.jpg
週末、再度公園に帰って、改めて枝を拾って、まずサンプルとなるプレートを自分で作ってみる予定。せっかくやるのだから他に無いような講座に出来ればいいなと思っています。そのためにはまだ準備たりないなー。

今回の試みがどんなふうに実現するか、しないのかは、また進捗に沿ってこちらに書いてみたいと思います。

しかし現在はその前にやって来る今週土曜日の楽市楽座に向けて、鋭意準備中ですー。
e0151091_21413920.jpg




by nicecuppatea | 2015-03-17 21:45 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 地元に根付いた生活の楽しみ いつもの休日 >>