フロストバイト終了~

「今年のフロストバイトは、自転車で会場まで行こう!」と、昨晩決めまして、ウチからだいたい14キロほど離れた会場の米軍横田基地まで、一杯着込んで朝自宅を出発。

途中は近道するため、舗装道路ではない、林の中を抜けていったりしました。マウンテンバイクならよいのですが、ウチのは二人ともロードレーサー。自転車もこんなところを走らされるとは思っていなかったでしょう、気の毒に。思ったほど坂道もきつくなく一時間ほどで到着。ヒトより、自転車、よく頑張ってくれた!
e0151091_17245060.jpg
横田基地はルール上、日本じゃないので、パスポートを見せて入場。中はアメリカ。会場ではアメリカサイズのバーガーやバーベキューが豪快に調理されています。
e0151091_17251719.jpg
道での応援もあまり日本っぽくなく「ヒュ~ヒュ~♪」みたいな乗りで、みんなにハイタッチしてくれる空軍のヒトとか、その家族やお子さん、日本人ボランティアさん。このノリ、会社では結構経験していて、馴染みはあるのですが、基本的には私のテンションとはちょっと違うので、私は、ありがたく感じつつもハイタッチとかせずに軽く会釈して通り過ぎる程度。お祭りには向かない性分なのでしょうか。

むしろ出発前、スタート地点そばのグラウンドの脇に、大きなシダレヤナギを見つけた時がテンションMax!しかも、枝が長いやつだ♡
e0151091_17250415.jpg
嬉々として拾っていると、小学生ぐらいの男の子、女の子が数人寄ってきて、「あの、すみません。この枝、もらってもいいですか?」

「あ…あの枝、まだ乾燥してないから丸めて持って帰ることができるわ~♪」と思っていたやつだったのですが、小学生に礼儀正しく言われたら、中年のおばさんが張り合うわけにはいきません。

にっこり笑って余裕を見せ、「いいですよ」と、譲る(^_^)

あとでその子たちが「うん、持ってっていいですか、って聞いたから大丈夫!」といいながらその枝を持って行って、遊んでいました。

どうやら私はこの場所で枝を管理しているヒトに間違われたらしい………(^^;;;;

小学生よ、誰にも断らず「落ちてる枝だからもらっていこう!」と思っていたおばさんは、むしろ君たち以下です。

それでもいくつか拾った長いヤナギの枝。ちょっとたりなかったヤナギとフジヅルのバスケットの編み材に使えます。

帰りはほぼ下り坂のサイクルロードで快適。タイムも2時間5分ほどと私にしては上出来だったし、ヤナギもゲットしたし…あと心配事は、明日の筋肉痛だけか。







by nicecuppatea | 2015-01-18 17:26 | 暮らしのアイデア | Comments(0)
<< 寒がりのくせに フロストバイト前夜 >>