整理かごがほしくなって

毎年この時期になると、人並みにウチを掃除しなきゃ!と思います。ここ数年、引っ越し続きでしたが、とにかく新品の家具を買うのがイヤで、何とかウチにあるものをリフォームしたり、リサイクル品を探したり、廃材を使ったりして家具や収納にする方法を考えてきました。

そうすると、さまざまなものが「収納場所」をもたないまま、あちこちに放置される状況が続くことになるのです。なんせ何か良いアイデアや素材が手元に生まれるまで、収納が進まないわけですから。断捨離なんて夢のまた夢(笑)

どこかの記事で「大掃除がうまくいかない、と言う人は、掃除と整頓を混同している」と書いてありました。なーるほど。私は整頓ができていないのに、掃除をしようとするから、うまくいかないのだ!まず、それぞれのものをどこに収納するか、「おうち」をはっきり決めてから掃除しないと。

そうしてみると、なんと!いちばんウチにありそうな、根菜入れの大きな収納がなく、サツマイモや大根、里芋、ジャガイモが台所に乱雑に転がっている事実に今更ながら気づきました(^^;

ヒトサマのカゴを作っている場合じゃありません。

…ということで、今回めずらしく、目的をもったウチ使いのカゴを作ることにしました。

フレームはこの間、マーケットにクリスマスリースを出店していた方から「使い切れないので」と頂いた、丁度いい太さのブドウのツル。
e0151091_21134545.jpg
これの真ん中に太目の葛を渡し、端っこはナイフで薄く削り内側に織り込んで…写真は、バスケットの底になる部分を上に向けた状態です。
e0151091_21140265.jpg
フレームは、毎度お世話になるブルーベリーの剪定枝。ホント、これバスケット編みに重宝~♪
e0151091_21141538.jpg
編み初めの細い所は、これも畑で剪定したブラックベリーの細ヅルで編み、枯れたレモングラスの葉をアクセントで編み込み。匂いもいいカンジです。
e0151091_21142427.jpg
私的には、これも「大掃除」の第一歩ですが、一般的に言う「掃除が終わった状態」になるのは、はるか先だな~。






by nicecuppatea | 2014-12-29 21:20 | バスケット編み | Comments(0)
<< 整理かごその後 片づけ編み >>