片づけ編み

何だか落ち着きのなかった今月ですが、昨日ようやっと海外へのグリーティング・カード(え?!)や年賀状を出し終えて、ようやっと「やらなきゃ」と思っていたことが大体終わりホッ。これからは「お掃除」(「おお掃除」、ではない^^)や片づけなどを…。

同じ犬種を飼ったことのある方ならお分かりと思いますが、ラブラドールもバセットも短毛種ですが、どちらもものすごく毛が抜ける犬種。ラブ一匹でも家中毛だらけだったのに、そこに権蔵が加わり、我が家の掃除機「サイクロン」はウチに来て以来、休まる時がありません。そんなわけで「おお掃除」なんて思っても、徹底的に綺麗になったためしがありません(ま、言い訳ですけど)

それに加えて、私のカゴ編みでおちる木くず、ツルカス、チビ太が椅子でツメ研ぎをする時にでるカス(えー!?)、畑から採ってきた大根や芋についている泥や落ち葉…。

いやいや、とても人を招待できるような家の状態ではないことは、これで想像に難くないでしょう。あ、これ読んだら来たくならないでしょうね(笑)

ということで、掃除の必要性ばかりを書きましたが、それでもなかなか手が付かなくて(^^;
その代りに、ちょこちょこ余ったツルや葉っぱをこの際綺麗に使ってしまおう、と「お掃除編み」みたいな意味で小さなバスケットを作りました。夏にとった篠竹の皮、先日会社の方からもらったリュウキュウアサガオの短いツル、大きな葛のバスケットを編んだ時に余った、細い葛、同じく大きなバスケットのフレームに使ったブルーベリーの細い枝、畑で枯れたレモングラスの葉っぱ、などなど。色々編み込んでみました。ポイントは右側からと左側からと、同じ素材で同じくらいづつ編み進めること。そうするとなんか色々な素材を編み込んでも統一感が生まれるような。気のせいかもしれないですけど。
e0151091_17512426.jpg
ツルの大掃除はするんだけどな~…(笑)明日は本当のお掃除をしよう。

こちらはおまけ。杉の皮、篠竹の余った皮、ヤマブドウのオニ皮など色の違うまちまちのものを集めて白、茶、黒の「権蔵」~♪に、見えるかしら。
e0151091_20081834.jpg




by nicecuppatea | 2014-12-28 17:54 | バスケット編み | Comments(0)
<< 整理かごがほしくなって ぬくもりを求めて >>