ふたたびフルーツ王国へ

先月、ブドウ三昧の山梨半日ツアーに行き、ワンズは長散歩とブドウ試食、私はツル採り、だんなはおいしいラーメン、とそれぞれのニーズを満たしたことに気を良くして、第2回を敢行。朝も早くから準備開始して6時台には家をでます。

開店と同時に飛び込んだJAフルーツ山梨では、買い物好きの二人がついつい我を忘れます。スムージー用の地元産リンゴとキウィ、Pと権用の柿、それに干し柿用の甲州名物百匁柿5キロ、どんこ、特別栽培米の玄米など。
e0151091_1927561.jpg

山梨に毎週来ている頃はあまり思わなかったけれど甲州百匁柿って、とてもきれいな木。なんだか普通の柿の木より背が高くなるように見え、百匁(400グラム弱)といわれるほどの縦長の大きな実が秋空にとても映えます。

このへんのJA直売所ではこの重たい柿をキロ単位でネットに入れて売っています。
e0151091_19272976.jpg

これは渋柿で「枯露柿」と言われる干し柿用。これだけ大きいと干しても食べでがある大きさ。それにすっごくこってりと甘いから一つ食べ終わるのも時間がかかります。

昔から枯露柿づくりを手伝うのは好きだったけど干し柿の味は好きではありませんでした。そんな私が干し柿を自分ひとりで作ってみようと思うとは。(なんか、自然な甘さが、料理に生きるのではと)年になったってことかも。

まだまだ頑張っていたブドウ園でも3房買って3房お土産をもらい、ウチの中は果物だらけ。
e0151091_1934756.jpg

幸せだなぁ♪

ツル採りやワンズのことはまた改めて。
by nicecuppatea | 2014-10-27 19:39 | 里と野山 | Comments(2)
Commented by 藤色のアン at 2014-10-27 20:35 x
ウワァ~! 本当に果物だらけ! 羨ましい物たちだわ。100匁柿とは、少し違うけど、この辺では、(富士山柿)と言う渋柿があります。干し柿にも出来るんですが、普通は、藁の中に突っ込んでおきお正月前に出すと熟してマンゴーの様な感じになります。めったに口に出来ませんが。 ブドウも美味しそう。
聖護院大根が、もう収穫出来てるんですね。うちの大根は、9月末に種を蒔いたので、まだ間引き3回目と言う感じです。白菜は、巻き始めていますし、ブロッコリーも青虫にやられながらも成長しもうすぐ収穫できそうです。

権三君のスヌード、(東京ぼん太)を思い出して笑っちゃいました。あ、決して馬鹿にしたのでは、ありませんから。
Commented by nicecuppatea at 2014-10-28 21:43
藤色のアンさん、
そうなんですよ、果物一杯は幸せですよね。畑でも色々なものをつくっていらっしゃるのですね。ウチは聖護院はできてきましたが、白菜は遅れてしまって、今年はダメです~。
権蔵のスヌードは、散歩に出ると、行きかうヒトも微笑んでくれます。ちょっと印象、強いですよね(笑)
<< 寝てはいけない 全部食べよう >>