みそぎ…になったか?

9月の第3週ごろというのは、甲府盆地のブドウの最盛期 ♪ 週末は渋滞が予想されるので、会社を休んで一足先にブドウを買いに山梨へ日帰りドライブにでかけました。

「ピーチ」の名前の由来は、彼女がウチに来た頃、毎週末、東京から山梨に通って畑をやっていて、なんか「桃」が自分たちの中で特別身近な果物だったから。3年ほど前までは本当に、1週間のうちのかなり長い時間を過ごした場所です。

一年を通して甘い果物がたくさんある場所。どこに行ってもピーチも張り切って歩いていたものです。

だんだん歳もとるし、最近いかなくなっちゃった山梨で果物を食べるチャンスがあれば、ぜひ行こう!とブルーベリーの収穫が忙しい真夏に話をしていたのでした。夏はワンズはきっと退屈だったに違いないから、久しぶりに、おいしいものと広い野原と冷たい水の川のあるところに遊びに行って、ゆっくり、楽しく散歩しよう、と。

ワンコにブドウはよくない…と、知識として私たちが知ったのは、夏じゅう毎週、ひと房ただでももらった巨峰を丸ごと食べ続けて、ピーチがブドウを大好きになっちゃったあとでした(^^;12歳までそうして楽しく暮らしてきたのだから、今更やめるのじゃなくて、もう一度大好きなブドウを食べに行けたらいいんじゃないか、と。

山梨のブドウはものすごい勢いで進化しています。ひたすら大きく、甘く、皮が薄く。採ったばかりのブドウはみずみずしく皮がパンパンに張っています。これに一度慣れてしまうと、やはり産地以外で食べるのは難しくなります。

それだけじゃなく、何かこの果物の色に惹かれます。なぜでしょうね。青紫の実って、魅力的だわ~。
e0151091_21194444.jpg

ブドウに限らず、秋の実には、青紫のがたくさん!ついつい目が行きます。
e0151091_21201153.jpg

ブルーベリーであれだけ青紫、採ったのに(笑)
e0151091_21202992.jpg

ワンズへのみそぎ…に行ったはずなんですが。一番楽しんでるのはわたしか?さらにその後河原に散歩に行ってみて、もっと私中心のイベントになってきた感が。その様子はまた後日(^^/
by nicecuppatea | 2014-09-12 21:25 | 里と野山 | Comments(0)
<< 山梨日和り 試作のミニ篠竹バスケット >>