明日6月15日、「エコトコファーマーズマーケット」に出店します

雨が上がったと思ったら、ぐぐ~っと気温が上がり、あっという間にベリー収穫も最盛期に突入!

一つの枝にある実はライムグリーン→白っぽいグリーン→ピンク→薄紫→赤紫→濃紺と変わっていくので、それを一つづつ指でつまんで収穫。
e0151091_1551712.jpg

最初の10分ぐらいは「楽しい~っ!」、その後ただ黙って黙々と。炎天下、1時間も摘むと「はぁ~…まだ終わらないか」と、最初の勢いはどこへやら。数日前から摘みだせるようになったなぁ、と思ったらすでに毎日こないと追いつかない状況に(^^;

昨年、ブルーベリーの徒長枝を剪定したものでザルを作ってみました。1年ほどおいてみたら、作った時よりも枝が赤くなり、なんだか実の色に近づいてきた気がします。
e0151091_15515639.jpg

「ベリーの枝のバスケットの上にベリーを乗せる」をやってみたかったので、さっそく。
e0151091_15521345.jpg

ブルーベリーの他にも、ブラックベリーやラズベリーがちょっとづつ実ってきました。バスケットに入った様々なベリーを見ると、やはり上がります♪
e0151091_15522517.jpg

熟しすぎたのや、くずれた様々なベリーは、全て鍋に入れてフルーツソースに。毎日そういうベリーを足し続けて、お弁当の時に食べるヨーグルトのソースにしています。色々なベリーを合わせたカンジ、イギリスで大好きだった、様々なベリーを合わせた夏のケーキ、「「サマープディング」の色合いを思い出すなぁ。
e0151091_208073.jpg

ラズベリーがちょっと入るだけで、香りがたつようになります。

数日前から、思ったよりたくさん収穫できるようになってきたので、急遽、明日6月15日(土)は、所沢市の「エコトコファーマーズマーケット」さん(所沢市スカイライズタワー1F広場)に、手編みのカゴとともに出店させて頂くことになりましたー。他の出店者の方々は地元でこだわり野菜を作っていらっしゃる農家さんなどが多い中、ホンモノの農家でもなんでもない我々が混じらして頂くのは恐縮なのですが(汗)

明日はマーケットの出店前、4時起きで、もう一度摘み取ります。
by nicecuppatea | 2014-06-14 15:54 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by るんるん at 2014-06-15 18:53 x
バスケットとブルーベリー ラズベリー ブラックベリー すごくいい雰囲気で素敵ですね バスケットのブルーベリーの枝って平たく見えるんですけど…違いますよね?
私ザルを編んで欲しいと頼まれていて どうしたもんかと悩んでました ワクにする部分と芯にする4本 他は編んで両端は切るんですねそこが心配でした 後はコツとかありますか?
Commented by nicecuppatea at 2014-06-15 19:40
るんるんさん、はい、ブルーベリーの枝は、結構固くて太かったので、真ん中から裂いて使っているので、平たい・・・で間違いありません(^^

私のザル編みは、基本的にフレームバスケットの編み方と一緒です。ただ、編み芯で深さを出さないだけで。また、ザルの場合は、写真のブルーベリーのザルでもわかるように、端っこで折り返さず、一回一回端を切っても大丈夫なので、通常バスケットを編めない、と思えるような硬めの素材でも使えるので、なかなか楽しいですよ。あ、もちろん、普通のバスケットみたいに端を折り返して編みつづけてもOKだと思います。

コツですかぁ・・・そうですね。固い素材を使う場合、編み芯の間隔が狭すぎると、芯の上と下で、毎回「ぼきっ、ぼきっ」とひび割れてしまいます。素材が固い場合は編み芯は広め、柔らかい場合は狭めにすると、仕上がりがきれいにいくような気がします。

でも、できあがればどんな失敗も単なるそのカゴの「特徴」と言えるところが手づくりカゴづくりの良い所(^^だと思います♪

<< エコトコファーマーズマーケット... 突然スタート! >>