帰りの飛行機でもカゴを編む…

出張からの帰りは、飛行機を乗り継ぎおよそ15時間。

どこでも眠れる割に時差に弱い私は、ここ数年、どうやったら時差ボケを最低限に抑えることができるか色々と試してきました。その結果、大抵の場合、あまり飛行機で寝るのは、その後到着した地のタイムゾーンに合わせるのの助けにならないことが多いように思っています。(私の場合ですが)

帰りは疲れているし、まぁ、飛行機で爆睡してしまってもよいのですが、私の場合はツルさえ持っていけば、何時間でも粘って起きていられます。

ただ、いくつか気を付けて準備したいもの。たとえば素材は、(そんなことは誰にも聞かれないのですが)一応「植物」ではなく「クラフト素材」である!と主張したいため(?)かならず茹でてやわらかくしたものを丸めて携帯します。また、土がついててもダメみたいなので。

あと、ハサミやナイフの機内持ち込みもできませんから、できるだけ先に切り分けておきます。それでも途中で切りたいときは、前回は「爪切り」を使用。今回は爪切り忘れたので、機内食の時でてきたプラスチックのナイフで(笑)
e0151091_18514586.jpg

人が寝てしまった後も、天井からの手元ライトで照らしながら編み続けましたが、今回は天井から個々のシートを照らしているライトの角度がちょっとづれていたみたいで、私の席のライトをつけると、私に半分、隣の人に半分ぐらい、ライトが当たってしまって…(^^;そのライトで手元をよく照らそうと、隣の人の方を向いて編みつづけなければならなくなり、ちょっと恥ずかしかった(笑)それに隣の人がライトがまぶしくて眠れないんじゃないか、って心配になり、結局機内が暗くなって1時間ほどで終了。
e0151091_18522290.jpg

以上、あまり他のヒトへの参考にはならない情報でした!
by nicecuppatea | 2014-06-10 18:53 | バスケット編み | Comments(4)
Commented by るんるん at 2014-06-11 09:30 x
おかえりなさい すっごい責任のあるお仕事なんですよね プレッシャーも相当なものと感じました 私は精神的に弱いので ちょっとしたイベントでもずっと気持ちの中に重い漬物石を抱えたような気になってしまいます 当然ものすごく疲れてしまいます 何か気持ちが楽になるようなこと 教えて頂けたら嬉しいです
飛行機の中でのかご編み 楽しめました 土ダメなんですよね 私は仕事で知りました 虫や病気を持ち込む可能性があるからですよね? フォーク笑えました その手がありましたね
Commented by nicecuppatea at 2014-06-11 22:32
るんるんさん、コメントありがとうございます。私も精神的に強くないと、かなり自信あります(笑)

これまでの経験から、何かを自信をもって出来るようになるには他の人よりかなり時間をかけて繰り返さないとだめなタイプだと自分でわかっています^^ただ、もうひとつ特徴として言えるのは、一つのことをやりだすと結構しつこく続けるので、他の人がもうやめちゃっても、まだそれを続けている、ということがよくあり、結果的に一番会社で経験が長くなってたり・・・(単にお局化しているだけ、という話も)結果的に、私がある程度自信をもって自分らしくできるかな、という仕事って、自分が好きな事で、長いことやっていることだけなんじゃないかと思います。で、ひとたび落ち着いてできるようになると、生来の厚かましさで、結構堂々とやってしまうような(^^;

だから、自分が全く知らないようなことでイベントなんてやるようになったら、舞い上がっちゃって、大変だと思います~

飛行機へのツル持ち込みは、それなりに気を使ってはいます。会社の出張で飛行機に乗った通訳が、趣味で持ち込んだ「ツル」で検疫で足止め食らったりしたら、それこそ伝説になっちゃいますからね(爆)
Commented by るんるん at 2014-06-12 00:07 x
うわっ 読み返したらナイフがフォークになってましたね…疲れてるわ(笑)
私も似てるとこちょっとあるんですけどね 基本心配症なのが問題なのかな? 結構堂々とやってしまうって大事かも…うん そこかもしれません
Commented by nicecuppatea at 2014-06-12 21:17
るんるんさん、いや、わかりますから大丈夫^^

何にしても世の中、とかく気のもんだと思うことが多いんですよ(^^; 飲まれてしまうとダメで(笑)同じ実力、同じ体力でも、気の持ち用だけで随分結果が違うこともあるような気がしています。ずうずうしくなってきた、ってことかも。
<< 突然スタート! 再会 >>