都会で探せるバスケット編みの素材あれこれ

先日、私は都会でミドリを探しています・・・というコメントを頂いたとき、数年前までの自分が思い起こされました。

今でこそ週末はどっぷり田舎の風景ですが、アラフォーになるまで、イギリス暮らし時代の3年ちょっとを除けば、思いっきり都会の真ん中暮らしだったので(外見ではタクシーに乗っても「田舎はどこ?」と言われるほど結局都会っぽくならなかったですけど)、中年に至るまで、いつも無意識に「自然」の要素を都会で探していたものです。

公園に行ってもキレイにしてある花壇は面白くないんですよね。人工的すぎて。むしろ、公園と近隣の住居の間の、草むしりをしていないようなところ、線路の脇みたいな、ほったらかしになっているところで草や実やムシを探すのがずーっと好きでした。

今でこそ、自然の多く残っている狭山で、いくらでもカゴ編みの材料は見つかりますが、「かごバカ」ぐらい色々と編んでいる今になって考えてみると、都会でも見つけられる材料はたくさんあるじゃん!と、遅まきながら思うようになりました。

で、ちょっと(かなり)風変わりかもしれませんが、どこに住んでいても多分「ナチュラル・バスケット」作りの素材になるかもしれない、と私が思う素材を羅列してみようと思います。

公園で
シダレヤナギ
シダレヤナギが見つかるのは河原か、街路樹か、公園。雑木林にはないものです。結構簡単に枝が落ちるので、そういうのを拾い集めておくと、とても汎用性が高いです!結構太目の枝でも、茹でると柔らかくてよく曲がります。曲げられない時は雨の日に野外に放置(笑)ちょっと柔らかくなったところですかさず丸い輪っかにして保存します。

フジ
公園によく、藤棚ってないですか?これはなかなか折れないですが、剪定しているヒトがいたりすると私は結構たのんで枝をもらってきたりしたものです。

松の葉
チクチク痛いイメージがありますが、長いのは15センチぐらいあって、小さいバスケットの編み芯に使えます。これは松の葉とクルミの葉柄(黒っぽい所)でつくった直径5センチほどのバスケット。柄は折れましたがもう4年くらい前のモノ。まだとりあえず使えます。
e0151091_15533976.jpg


住宅街(もちろん、ヒトのお庭とかではない)
蔦やアイビー
自分の家の植え込みなんかにあれば、こんなのも使えます。あまり強いツルではないですが、要所要所に。こんなアイビーなんかは結構水を含んでいるので輪っかにしてカラカラに乾かして水につけてから編むといいかも。
e0151091_17101796.jpg

ポピーの花のあと
今の時期、けっこうあちこちに薄オレンジのポピーが咲いていませんか?花が終わって種が付く前、茎がぴゅーっと伸びます。その先にポピーシードと言われる種のつくユニークな形の実がつきます。
e0151091_15541580.jpg

これを最初の葉の上から切り取って。切ると茎から黄色い汁がでてきますが、これ、衣服につくとシミになって、洗濯しても取れないので、要注意。実の部分を飾りに生かしてバスケットに編み込むことも。結構水分含有量が多いので、一度乾かしてさっと水につけるとよいかも。

ハナミズキ
街路樹によくありますよね。こちらも結構柔らかい。あまり急に曲げないようなバスケットの編み方ならば、先っぽの方の枝は使えるかと。コツは節が少ない所を見つけることですかねー

猫じゃらし系の雑草
なんでもいいんです。イネみたいにヒュッと伸びている雑草って、道端によくないですか?。あれの「穂」の部分を一番穂に近い節の上で切ります。そうすると一緒についていた葉っぱも簡単に手で採れるはず。それを乾かすとグリーンだった茎が金色っぽくなるんですよ。これだけだと細いので、使うときはぬるま湯に5分ぐらいつけて、水けをふきとって。三つ編みぐらいにすると、強くなるし、存在感のある編み材になります。まぁ、手間はかかりますが(笑)
e0151091_1713564.jpg


花屋さんで買ったもの…のあと
菖蒲の葉
これは腰がない葉っぱなので、カラカラに乾かして、ちょっとだけ水につけて、編み芯にしたりします。立て芯の間隔を狭めるのがきれいに編むコツかな。子供の日のお飾りのあとを使っても(^^あやめなんかでももちろん同様に使えます。

サンゴミズキ
ハナミズキの仲間で、茎が真っ赤で、綺麗な枝です。花屋さんで花材として売っていることがあるみたい。活けて楽しんで、捨てるのなら、ということで書いてみました。イギリスではDogwoodといわれるサンゴミズキの仲間が生垣に生えていて、それをつかって編んだバケツがたのシンプルなバスケット、私はまだ使っています。もう15年も前につくったものだけど。

カスミソウ
やったことないけど、きっとドライフラワーにして、使うときさっと水につけて柔らかくして、数本の束にしたら、編み込めると思うな~

ちょっと意外な台所素材
あくまで、食べるものは食べる用に(笑)ただ、非可食部分だったり、食べそびれてしまったりしたもので、意外なアイデアもあるかもしれないので、とりあえずご紹介(^^

トウモロコシの皮
こちらは以前、何回か紹介させて頂きましたね。乾かして、使う前にさっとぬるま湯につけて。私は1枚をバスケットの大きさに応じて2枚~3枚に裂いて、ロープのようによじって使いました。
e0151091_15553422.jpg


ゴボウ
変な話、根っこも使えるんです(笑)私はよく買ったゴボウを忘れて冷蔵庫で干からびさせてしまいました。そうしたら、水につけてもどして、指で縦に4分割かなんかで裂けば、ロープみたいに使える。使える、からといってそれでバスケットを編みたいか、と言えば?ですけど(笑)同じ方法で、タンポポの根っこも使えると思います。要は、まっすぐに伸びた根っこを使うってこと。ポイントは縦に裂いて、カラカラに乾かして、それを改めて水でほんの少しだけ(編めるくらい)にもどすこと。

タケノコの皮
要は縦10センチ以上あれば、なんでもいいんです。外側の茶色い毛の生えたタケノコの皮を、縦にひごのように裂いて、乾かしてお湯で戻して使えば、毛の生えた編み材になって面白い、、、と思う(笑)
e0151091_15544392.jpg

ポイントはあまり大きなバスケットにしないこと、ではないかな?そもそも素材の量が限られるし、素材自体が細かったり、腰のないものが多いので。フジやヤナギなど、しっかりした木質のものが手に入ったらそれをフレームや持ち手部分につかって、その間を草や葉っぱや、腰のないもので細かめに編む。。。のがバランス的には一番きれいにできあがるような気がします。

とりあえず、なんでも編んでみるのが楽しいですよね。まあ、周りからはけっこう「?」って見られるかもしれないけれど(笑)
by nicecuppatea | 2014-05-11 15:58 | バスケット編み | Comments(10)
Commented by るんるん at 2014-05-12 11:42 x
まじに感動しました
そうですよね こんなに編める材料たくさんあるじゃないですか…しかも頑張って編まなくてもいい感じの材料…
肩首背中が凝るので かご編むなら30分ねって整体サロンの方に言われてしまったので ちょっと気持ちが落ち気味でした 感謝です 基本乾燥させてから水などで柔らかくするのは同じなんですね いろんな材料が見つかりそうです…あ!竹の子…う〜んもったいなかった 楽しみ増えました ありがとうございます
Commented by nicecuppatea at 2014-05-12 21:12
るんるんさん、何か使えそうなアイデアがあれば、何よりです。
あ、ただ、小さいバスケットでもやはり編み過ぎには気を付けたほうがいいですよ~(笑)目が疲れて、そこから肩に来ます(^^;

最初にミニチュアバスケットづくりについて読んだ本(ライフログにも入れているBasket with Nature's bountyでも、30分で終わるくらいの目途にすべし、と書いてありました。ま、30分じゃなかなか終わらないですけど。

素材はここに挙げたものの他、カエデなどの葉っぱの柄や、イチゴのランナー(ピンクでカワイイ♪)などもミニミニバスケットに使えます。どれも木質のモノより水分が多いので、乾かして水につけて使うのがコツでしょうか。

楽しいバスケットづくりライフを!
Commented by Puapua at 2014-05-13 10:31 x
私も感動しちゃったー!すごいすごい!
うちの方は自然たっぷりな場所だからいろいろもっと
あるんだろうなーなんて犬の散歩中キョロキョロしてます^ ^
本当さんこうに、、、あ、参考じゃなく勉強になります!
Commented by nicecuppatea at 2014-05-13 22:31
Puapuaさん、ありがとうございますー。
自然が一杯なら、色々な他のアイデアも出てくるかもしれませんよね。名前も知らない草でも枝でも、指の周りを回せれば編める!と考えると無限に広がります♪勉強・・・なんてもんじゃないと思いますが、アイデアの広がりの足しにしていただければ嬉しいです!

Commented by myi. at 2014-05-14 07:22 x
そうなんですね、 あっ そうかって なんか 目から鱗。
何でも まずは からからに乾かす、そして編むちょっと前に 水に濡らしたり ぬるま湯に5分とかするんですね。我が家周りには材料はいっぱいあるんですが その乾かしたあとの処理がイマイチわからなくって。
こちらのブログを見させてもらうたびに作りたくなるんですが躊躇してました。とりあえず ひとつ何か作ってみたいなと思いました。
ありがとうございます
Commented by nicecuppatea at 2014-05-14 19:40
myi.さん、コメントありがとうございます~。

そうですね、基本的には乾かしてから水につけて使うのが、ツルや葉っぱが絞まって使いやすいと思います。

ざっくり言って「木っぽさ」が強いものはあまり乾かさないままに編んでも乾いた後でグラグラしません。ヤナギ、藤、アケビ、ツヅラフジ、ヤマブドウなどです。これらは刈り取ったそばから編んでいってもあまり、乾燥した後でぐらぐらしないです。

一方、葉っぱ系のものや草系のものは、ほとんどが水分なので、いったん乾くとものすごく縮んでしまいます。ですから乾かして、水につけて。それも水につけっぱなしだと、ものすごく水分を吸ってしまうので、ちょっとまだ固いかな?くらいでも大丈夫と思います。それに編んでいるうちにもっと水分が浸透して柔らかくなってくるので。

なんか最初はバランス悪くなったりとかして、なかなか思った通りにならないこともありますが、とりあえず最後まで編んでみると、いびつでも結構愛着わいたり、しています(^^;

ぜひ、なにかひとつ~♪
Commented by マーキュリー at 2014-06-15 17:05 x
イチゴのランナーでも使えるのですね。試してみたく思います。
昨日はスイカズラのつるを試してみようと採ってみたのですが、かなり脆くて曲げるとポキッとなりそうで怖いです。
nicecuppateaさんは花が咲く前のつるを採っておられたようですが、ものによって、採るのに良い時期があるのでしょうか?
Commented by nicecuppatea at 2014-06-15 17:15
マーキュリーさん、コメントありがとうございます。イチゴのランナーは細い上に、水分が多いですから、完全に乾かした後、使うと時は水につけてやわらかくし、余分な水分を拭き取ると良いと思います。

スイカズラは確かにポキッというのもあります。ただ、ツルが生きているものを切って採集し、丸めて保存しておけば、乾かした後で水やお湯で戻すと柔らかく戻ります。ただ、既に枯れてしまって、すでに自然の中でもろくなっているものは、お湯でかなり茹でてもどしても、ポキッといってしまうことがあります。私も何が原因なのかわからないのですが。

花が咲く前でもあとでも、私は構わず採集してしまいます。厳密に言うと、違いはあるのかもしれませんが、私はあんまり気にしないタチで(笑)
Commented by マーキュリー at 2014-06-15 23:05 x
早速にお返事ありがとうございます。
乾かした後、水で戻すだけでなく、お湯で茹でるなんてまた豪快ですね(笑)
茹でて皮がむけたりしませんか?かえってきれいになるかもしれませんね。
いろいろと試行錯誤でやってみます。
nicecuppateaさんのブログ、すごく励みになります。
Commented by nicecuppatea at 2014-06-16 21:23
マーキュリーさん、
しっかり編めるツルや枝は茹でても全く大丈夫です。が、皮はむけちゃいますね。むしろ、スイカズラなどは皮をむく目的で茹でることもあります。スイカズラって皮がケバケバしているじゃないですか。あれをグラグラと数十分ゆでると、厚い皮もふくめてツルリっとむけ、カスタード色のツルが顔を出します。綺麗ですよ。アケビやヤナギも同じように茹でると皮をはぐことが可能です。まぁ、全てが偶然の産物ですが(笑)皮をむいたツルとむかないツルのツートンカラーのバスケットなんかもカワイイと思います。ぜひ楽しんでやってみてはいかがでしょうか。
<< 通勤かご編み中継! 畑の惨劇・・・ >>