狭山市楽市楽座に参加しました

朝方はものすごい風で真冬の様に寒かったのが、10時ごろにはポカポカ、お昼頃には汗ばむくらいになり、ひさびさに暖かい中での手作り市への出店となりました。

手元で編みつつ再び脇のワンズに目を配る一日。右に左にと落ち着かないので「ったくもう…」と思っていましたが、実は「ホントにもう!」と思っていたのはワンズのほうかもしれません。まちがいなく「こっちがつきあってるんでしょ!」と言わんばかり。
e0151091_20273537.jpg

そうですね。確かに付き合ってもらっているのはこちら側です<(_ _)>

今日、目が釘づけになったのが、ガラス瓶を売っている、おじさんが一人でやっていたスタンド。
e0151091_17224295.jpg

ガラス瓶の空き瓶を集めてきて1000度以上の高熱に熱して形をかえて一輪挿しや花瓶、指輪掛けにできるのだそうです。

ガラスが解けた「流れる」カンジ。捨ててしまう飲料やなめたけの瓶(!)がそれまでよりむしろ素敵なものになること、それを300円というお手頃価格で販売していること、なんだか私がそうなりたい~、と思っているのとぴったりはまり…。

花瓶を大人買い♪
e0151091_21321471.jpg

末永く、たくさんの瓶を一輪挿しに変えてほしいなーと思います。
by nicecuppatea | 2014-03-22 20:28 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by るんるん at 2014-03-22 22:26 x
今日は寒かったり暑かったりで大変でしたね お付き合いのワンちゃんたちも この温度差にはまったくもう疲れちゃうって思っているかもしれませんね…(笑)
ガラス瓶の再利用すごいですね 1000度以上ってなかなかできないことですし 素敵な作品に生まれ変わるとなんだか嬉しいですよね
Commented by nicecuppatea at 2014-03-23 13:46
るんるんさん、そうなんです。クルマに乗るときから「今日も、あれでしょ?」」みたいな雰囲気をピーチはだしてましたね。さすがの権蔵も、最初は通りがかる人全員に愛想を振りまいていましたが、お昼過ぎぐらいには爆睡。いや、家に帰っても良く寝てくれました(笑)

ガラス瓶、私もなんだかとても嬉しかったんです。これはキレートレモンの瓶、これば七味唐辛子の瓶、こっちはなめたけの瓶、と全部説明してくれて、それぞれ「なーるほど」と感心しながら聞いていました。ただ、自宅で高温をだせる窯を作ったから、ガス代が大変なんですって(^^;
「お宅は枝でカゴあんで出店してるの?同志だから割引しとくよ」と気前よく言ってくれましたが、ただでさえ安いのにそれ以上引いていただくより、少しでも長いこと頑張ってくださいね~!とやはり定価購入。

私も再来週にむけて、これからカゴ作りに励むつもりです~
<< 緩慢な日曜日 明日3月22日、狭山市楽市楽座... >>