「ほっ」と。キャンペーン

創作活動の場

土曜日の雪、日曜日の温かい天気、そして月曜日の朝。。。このコンビネーションで、今朝ウチのあたりの道路はツリンツリンに凍っていました(^^

いつもより人はゆっくり歩き、車もソロソロ走り、電車は混雑で遅れ気味。週初めの電車って、それでなくとも結構車内の雰囲気がいつもより張りつめている、と感じることはありませんか?まあ、週末が終わったんだから仕方ないか。とにかくいろいろな状況が重なり、今日は確かに険しい顔して電車に乗っている人が多かったような。

ただ、袋詰めの「携帯ツルセット」(?)を手に、家をかなり早めにでて、ゆっくりの始発電車で端っこの席を確保した私は、イラッとすることもなく、むしろ会社に着くまでの時間をクリエイティブな時間としてかなり楽しんだ(^^

最近、同じツルでも微妙に違う色合いをちっちゃなバスケットでグラデーションに生かせないかと没頭中。

このバスケットでは、取っ手の部分近くの明るめの色から徐々に暗い色に移った感じ…になるように、手元のレジ袋をごそごそまさぐりながらの車内作業。

一番明るい金色は麦わらの三つ編み。その次の明るい色は皮をむいたツヅラフジ、そこからライトブラウンの、切った時にすでに茶色く枯れていたツヅラフジ、(煮たら柔らかくなり編めます)、それから切る時はまだ緑色だったツヅラフジ(切って乾かして煮ると濃い茶色に)と徐々に。
e0151091_22531799.jpg

取っ手の右側と、左側からそれぞれ編み進めるので、左右にだいたい同じパターンがでるように、配色を考えながらこま切れのツルを選びます。そんな作業をしていると満員電車の中に座っていても、その狭い空間で結構無限の世界が広がってしまう(^^;

周りの人は、枯れた枝やらツルやら木の皮をレジ袋からおもむろに出しては、眺め、手元の小さいカゴに編みこんでいく私は、いったいどのように映っているでしょう。

明日から社員総会…的なイベントがらみ(の通訳)で2日間、現場近辺にお泊りです。資料読みなんかで時間はないだろうけど、「まさかの時」(?)に備えて、会議資料と一緒に携帯ツルセット二日分もパッキングだ(笑)
by nicecuppatea | 2014-02-10 22:53 | バスケット編み | Comments(6)
Commented by るんるん at 2014-02-11 12:50 x
かご 素敵です✨微妙な色の変化 魅力的な形 こんなに素敵なかごを電車の中で編んでるなんてすごすぎです

ツヅラフジは私も大好きなんですが…こんなにもいろんな状況のつるが使えるんですね うちのそばにも枯れたようになってあるんですけど使えるってことですか?

それと今作りたいって思っても つるが硬いままで作れないってことが多々あるんですけど 1〜2日水につけておくっていうより短時間で煮てしまうことが多いんですか?
どれくらい使うかわからないし 準備が難しいですよね

すみません 良かったら教えてください
Commented by 悦ちゃん at 2014-02-12 06:25 x
そうそう、るんるんさんも聞かれてますが、いつも乾いてる蔓を使ってるように思えました。この日記の前のも乾いてる蔓っぽいですよね。ぼきぼき折らずにすごいなーって思います。古いラタンで昨日練習しましたが、水につけても折れるのもあるし、柔らかくなって、編み目をきつくしようと思っても水に濡れたロープのごとくで動かないんですよ。いつまでたっても醜い仕上がりです。。。涙。
Commented by nicecuppatea at 2014-02-13 19:09
るんるんさん、コメントありがとうございます。ツルの準備は気を遣えばいくらでも丁寧にできると思うんですが、わたしのは結構雑駁である、という前提でお話しますね(笑)
生ツルなら、「鍋の直径大」の大きさにまるめておけば、カチカチに乾いても、水に数日つけるか、30分ほどゆでるかすれば、使えます。(ただツルによっては、煮すぎるとすぐ皮がむけてしまうものも)若干でも弾性が残っているものは、できだけ大きな鍋に水を張り、鍋肌に沿うようにして徐々にまげながら水につけていくと結構な湾曲をします。私はこれでブルーベリーの枝も、鍋に収めました!すでに鍋よりでかくて、カチカチに乾いたツルは、とりあえず持ち帰りが可能なものは、ずるずる引きずりながらそのまま家に持ち帰り、屋上にそのまま放置して「雨乞い」(笑)雨で湿って若干弾性がもどったところで、先ほどの方法で、鍋に納まるように、徐々に曲げていきます。

いやぁ、こんな知識を必要としてくれる人がいるなんて、うれしいです。
Commented by nicecuppatea at 2014-02-13 19:15
悦ちゃんさん、
ツルによっては、水につけても柔らかくならないものがあります。木の性質としてそういうものもあれば、たとえば劣化してしまい、自然のものであれば、若干堆肥化が始まっているようなもの、虫食いのものなどがそうです。あとは、前にもちょっと書きましたが、折れやすい場合は、トンカチでたたいて繊維を壊し、ねじりながら編んでみるとただ曲げるよりは折れにくくなることもあります。どれが一番いい方法、とは言えませんが、色々組み合わせて試してみるのがよいかなと思います。ま、編みやすいツルを入手するのが、一番楽ですけどねー(笑)
Commented by るんるん at 2014-02-14 18:53 x
つるの戻し方 教えて頂いてありがとうございます ブルーベリーの枝もまげてしまうんですね すごい 更に「雨乞い」からもnicecuppateaさんの魅力感じました 本に書いてあるようなきちんとしたことではなく 経験からきている工夫とかがあるから すてきな作品ができてるんだと思いました
私もいろんなことしてみようかな…頭で考えてるだけじゃダメですね なんかワクワクしてきました
Commented by nicecuppatea at 2014-02-14 19:43
るんるんさん、コメントありがとうございます!

突拍子もないことをしている、という自覚はあまりないのですが、とりあえず、周りのモノ(時間も)をなんとか有効に使えないかと感じるケチなタイプであることは確かかも(笑)結果、人から見ると不可思議な行動に出てしまうようです(^^
これ、どうにか使えないかなー、なんて考え続けていると結構下らないことに気が付いただけで、かなり気分が上がり一日が楽しくなったりするものです。あまりカイシャのヒトには言えないんですが(笑)

<< 仕事終わりの幸せ 雪の日の手仕事 >>