変な趣味?

自分でもほぼ自分のことを「かごキチガイ」と認識していますが、最近、マーケットへの出店やブログがご縁で、まあ、類友、といいましょうか、似たような特性を持った方々とつながる機会を頂く事もあります。

先週末、わざわざ遠方からマーケットで訪ねてきて下さった方は、このブログを読んで下さっている方でした。「私、近所ではかなり怪しいんです。赤い実やツルばかり探しているんですよ」

えぇ、えぇ、私もです(笑)自分って変わっているのかなぁ、とずっと思っていました。実とか、羽とか、いい年になっても、歩いている間、そんなものばかり、目が探しているんですよね。

今年たくさん拾ったのはヤママユガの羽化後のライトグリーンの繭(細くて丈夫な糸で鮮やかなグリーンの繭が出来上がっていると思うと)、カラマツの実(松ぼっくりがコンパクトになった形がかわいらしくって)、ライケンと呼ばれるコケの一種(天然のドライフラワー)など。杉の実を拾うために、ついつい4歳ぐらいの女の子の先んじて拾ってしまったこともありました。
e0151091_20513465.jpg

ちょっと写真で見ると、不思議なカンジですが(^^;

先週は、近所の公園の剪定枝置き場から、既に花芽(?)のついている猫柳の枝を発見!もう、宝物級です(笑)早速バスケットに編み込んじゃいました。
e0151091_2051513.jpg

イギリスには、「サイエンス・テーブル」、といって、小学校ぐらいの子達の教室に伝統的に、自然のサインを拾い集めてきてテーブルに飾る習慣(日本でいう、夏休みの自由研究みたいなものか?)があったみたい。それが廃れてきたので、また盛んにしましょう、というような地味~な、キャンペーンをやっているのを見たことがあります。それも子供じゃなくて、大人がやっていたんです。インテリアの一環として。

そこに飾られているのは、綺麗な鳥の羽、蛇の脱皮したカラ、木から落ちた鳥の巣や卵の殻、松ぼっくりなど。ん~、その感性のある学校に通いたかったです(笑)

そんなことを考えてみると、似たような嗜好を持っているヒトは、自分のすぐそばにいなくても、きっと世界にはいっぱいいる!…と(笑)だから、自分の感性はトシを気にせず(つまり、どんなに年齢にそぐわない幼いものでも)、素直に自分で受け入ていいし、その方が、何となく日常が幸せな気分になるんじゃないかなぁ、と。

そして今日も自分の奇行(?)を正当化するのでした~♪全国の「サイエンステーブル」派の皆さん、臆することなく自分の感性を受け入れましょ~!
by nicecuppatea | 2014-02-05 20:55 | 暮らしのアイデア | Comments(4)
Commented by るり玉 at 2014-02-06 16:22 x
こんにちは♪

ずっと以前、コメントさせていただいたことのある、るり玉と申します。

毎回、記事を楽しみに読ませていただいてます~。
今回のお題は、もうコメントせずにはいられませんでした。
なんてったって、わたしも「変な趣味」その人だからです(笑)
自然の恵みが大好きで、日々上をむいたり下を向いたりして歩いています。
拾う、はもちろん、先日は初対面のお宅のお庭で剪定されたブドウの枝を
「捨てるのでしたらください!」とお願いし、
大きなビニール袋いっぱいに詰め込んで意気揚々と帰りました。
人から見たら「???」な出で立ちだったと思います。
わたしもかご編みをしていますが、
nicecuppateaさんのように素敵なかごを編むところまでは、まだまだ・・・。
でも、使って楽しい、飾ってかわいいものを作りたいと常々思っています。
最近は自分で育てたものをドライにすることにも挑戦しています。
今日から「サイエンステーブル派」を名乗りたいと思いま~す(*^^)v
クリエイティブなお仕事と、ナチュラルな生活を両立なさっているのを
いつも憧れのまなざして見ています。
かご編みのお話、権蔵ちゃんのお話、楽しみにしていますね~。
Commented by るんるん at 2014-02-06 19:08 x
私もサイエンステーブル派です??
歩いてる時も電車や車の中からも
つるや木の実が採れそうなところを
いつも目が探してるんです
どうして好きなんだかわからないけど
大好きなんです
きっと 同じ気持ちの人
たくさんいますよね
見つけた時 手に入れた時
それだけでも幸せ
やっぱりなんか変ですかね?
でもいいですよね??

いつか ワンデーマーケット行きたいです
日曜日は仕事なので
なかなか行けなくて…
会えたら嬉しいな



Commented by nicecuppatea at 2014-02-06 19:38
るり玉さん、コメントありがとうございます!いや、私もブドウのツルは、宝物だと思いますよ!ご近所の方がどんな目で見ようとも、私は賛成ですね(笑)ブドウのツルのクルクルなんて、編んだ籠で邪魔なところにあっても切るのをためらうほどです。
ドライもいいですね~。「サイエンス・テーブル」的な自然のモノと、ドライのモノ、並べてみるとなんだか相性も良い気がします。昨日は蛾の繭の写真とか載せて、ちょっと自分としては「カミングアウト」したぐらいの気持ちでドキドキしていたのですが、ご賛同いただけてうれしかったです(^^;
Commented by nicecuppatea at 2014-02-06 19:44
るんるんさん、コメント、ありがとうございます!私も、どうして好きなのか、なぜ惹かれるのか、わからないんですよ。ただ、理由がなくても惹かれる、というのは、きっと自分の偽らざる声なのだろう、と考えて(笑)むしろ最近は、そういう「なんか好き」に気づいたら、大事にしようと思うようになりました。きっと、変じゃないです!いや、きっと隠れサイエンステーブル派は、いっぱいいるんじゃないでしょうか。なんだかレスを頂いてそんな気持ちを強くしました♡
<< 新しいベッドは ジョンソンタウン・ワンデーマー... >>