カイシャでも。

先日、カイシャの昼休みに休憩室の隅っこでカゴを編んでいました^^;すると、近くに座っていたヒトから「何編んでるんですか?」と声をかけられました。

私は普段からカイシャの休憩室でも、電車の中でも編んでしまいますが、通常誰にも声をかけられません。お昼ご飯を食べたり、スマホをいじっているヒトタチの中にあって、さながら原始人のようではないかと。かなり異様なはずなのに、「なぜ、声かけない~~?!」とこちらが思うくらい(笑)まぁ、ヒトにとってはどうでもいいことなんでしょう(当たり前)

そんな中で声をかけてくれたので、嬉しくて色々説明してしまいました。家のそばの駐車場でとったツルや、公園で拾った枝で編んでること、それをぼちぼちクラフト市で販売していることなどなど。

「私も買いたいです!」と言ってくれたので、再び嬉しくなり、昨日の昼休み、通勤時間と、今日の昼休みに気合を入れて編み込み、カイシャで完成~♪花を生けるのに使って下さるとのこと。
e0151091_21303878.jpg

あまり自分で編んだことのない形でしたが、作ってみたらそれぞれの素材や色の違いが良く見えて、なかなか面白いんではないかと。気を良くして、今日の帰り道、そしてお風呂の中でもう一つ、小さいのを編んじゃった♪その辺にしとけや(笑)
e0151091_21311237.jpg

でも、同じ部門の別の方のオーダーも頂いて、ちょっと調子に乗ってます。
by nicecuppatea | 2014-01-16 21:20 | バスケット編み | Comments(2)
Commented at 2014-01-16 22:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nicecuppatea at 2014-01-17 20:26
NNさん、どうもこういうことに興味を持って声をかけて下さるかたはものすごい少数派みたいです(笑)私も、もし別の人がカゴ編んでいたらぜったい声かけると思うけど^^今年も講習会の開催にこぎつけられるよう、色々と知恵を絞りたいと思います。ぜひまたお立ち寄りください。
<< かけはぎ 巨大バスケット、完成。 >>