巨大バスケット、完成。

昨年末からとりかかった「おっきなバスケット編み」プロジェクト。

思った以上に試行錯誤があって時間がかかりましたが、一応完成〜♪
e0151091_21341883.jpg

ただ、まだ比較的新しいツルも使っているので、しばらくはツルが「痩せる」可能性あり。もうちょっと様子を見ながら、弱いところがでてきたら少し編みヅルを足していきたいと思います。

サイズ感がわからないかもしれませんが、縦は50センチほど。口さがないダンナは、昔の農家の人が背中に背負っていた背負子か?と^^;

そんなこと言われるとなおさら気になる。。。これ、「花器」に使ってもらえるかなぁ…心配(笑)

用途がはっきり決まっていないとなかなか編む勇気がでないサイズのもの。今回はこんなチャレンジができてありがたかった^^自分なりに勉強になることがたくさんありました。カゴづくりがうまくいくか、いかないか、ってカゴの大きさに応じた編み芯の太さや本数でたいがい決まるんだな〜、と改めて実感。そこさえバランスがとれていれば、多少曲がろうが、形が崩れようが、編み進めているうちになんとなく形になるものです。

今回は、ざっくりと編む部分は太め、硬めで、ひげヅルがたくさんでたヤマブドウのツルを使用。途中でちょっと変化をつけるために加えた細めのツヅラフジを加えました。ツヅラフジはまだとったばかりの時と同じ緑色ですが、もう少しするとツヤのある黒めの色に落ち着いてくる…と思います。

もう少し、カゴの成熟を待ちながら手を加えたいと思います。
by nicecuppatea | 2014-01-14 20:15 | バスケット編み | Comments(0)
<< カイシャでも。 ジョンソンタウンのワンデーマー... >>