椅子のオーナメント

今日から、オーダー頂いた大きなバスケットをいよいよ編み出そう!と思っていましたが、それより前に、1月12日(日)の今年第1回目のジョンソンタウン・ワンデーマーケットでお渡し予定のオーダー品である椅子のオーナメントを先に仕上げないと!と、当然のことに気づきました。これが今年最初の納品予定なのだから。

そもそも、この品は12月のマーケットで納品予定でした。以前オーダーで一つお作りしたのを気に入って下さり「もう一つ!」と追加希望を頂いて張り切っていたのですが、先月はマーケット直前に「権蔵騒動」が勃発し、全てのことが計画からズレズレになっていき、座面編みが間に合わなくてマーケット当日に、椅子フレームと座編みの素材を持ち込んで、現場で編もうとするバタバタぶり。

でも、途中で編み材の木の皮が乾いて(外でやれば当たり前)、毛羽立つし切れるし(焦れば当たり前)、もうボロボロに。とてもお渡しできるようなものにならなくて、申し訳なくもお客様にお詫びして翌月までお待ちいただいたのです。

そんなのなら、よっぽど早くに仕上げとかなきゃいけないじゃん!

まず、木の皮をたてのフレームに上、下、上、下と渡し…
e0151091_1982639.jpg

その間を今度は横に上、下、上、下、と編み芯を通していきます。テレビに目が行ってしまいちょっとでも皮が乾くと切れやすくなるので、コンスタントにぬらしながら。
e0151091_19948.jpg

何とか、完成!
e0151091_1992527.jpg


最初に作った時はもっと簡単に作れた気がするんだけど、何だか回を追うごとに難しく感じるようになってきたなぁ…。

でも、一つできるとなんだか嬉しくなって結構苦戦したけれど、またもう一つ作りたくなるんですよねぇ。次はイチョウの皮を使ってみようかな。
by nicecuppatea | 2014-01-03 19:16 | Willow Cottage | Comments(0)
<< ツル総動員 ワインボトルのバスケット >>