ありものを生かす

先日バスケットを編む講習をするために、編み芯をたくさん用意しました。時間内に来て頂いた方々にバスケットを作り上げて頂けるためには、カゴの大きさを決めるフレームや編み芯を採寸して切って持っていきます。それに合わせて編みヅルをたくさん準備。それでも長さはこれで足りるか、太さは合うか、量は足りるか…一番心配なところ。で、余るぐらい準備して持っていきました。

そしたらやっぱり余った(笑)

ちょっとづつ様々なものが余るので、カラフルなミニチュア・バスケットにしてみました^^
e0151091_2137165.jpg

これぐらいのサイズだと通勤電車で編むのにもぴったり!「ありもの」を使い切れるのが、うれしい。

何かとバタバタしていた今週末、好きな時に好きな人が食べれるように、作り置きできるちらし寿司にしてみました。

カラスに食われた大根の可食部分や、それまで食べた大根の皮を干して切干にしたものと、近くのスーパーで見つけた、大量の値下品のシイタケの軸の部分を細かく切って
e0151091_21375815.jpg

エアコンの下に放置してみた。
e0151091_21383995.jpg

こうしてできた切干大根と干しシイタケが主なかやくに。

あとはとびっこ、スモークサーモン、錦糸卵と、大量の大根葉のお浸し!!
e0151091_2139224.jpg

いろんなものを組み合わせて「ありもの」が生かしきれたカンジは、私にとって「幸せ」の大きな要素になります(笑)

先日は、権蔵がピーチと遊んでくれて、だんだん、距離が近づいてきたかな…なんて思っていたけど、今日、ふたたびカイシャにダンナから「権蔵」メールが。。。

寝ている権蔵のベッドを、そのままそーっと動かしただけで、また吠えかかって噛みついてきたのだそうだ(><)は~、がっくし。やっぱり、そんなに簡単には変わらないわな。

小さなことで一喜一憂。それで今日も一日、暮れていきました~。
by nicecuppatea | 2013-12-11 21:42 | 暮らしのアイデア | Comments(0)
<< チビ太の役割 権蔵、ピーチと遊ぶ >>