12月9日(月)にミニバスケット作り講習開催します

だんだん年も押し迫り、みんなが忙しくなってきたタイミングですが…

来週12月9日(月)に入間市の一軒家カフェil paraiso(イル・パライソ)さんで、第二回目の「ミニバスケット作り」コースを開催させて頂く事になりました~♪コースは14.30~18.00まで。お茶付で、おひとり様1500円です。

こんな手の平に乗るくらいのカゴを作る予定。
e0151091_20344411.jpg

材料は家の周りで集めたヒメツヅラフジ、山中湖で採ったアケビの細ヅル、そしてカイシャそばの河原や、入間市の公園で広い集めたシダレヤナギの枝など^^

今週末、気合いを入れて素材を準備する予定です。そして、月曜日はなんとカイシャは年休取得(笑)

必要なものはすべてこちらで揃えます。前回のコース開催の時、ご報告したとおり、素人講師ですが^^;いっしょにバスケットを作る楽しい時間になればよいと思っています。

もし、お近くで興味のある方、お時間が合えばぜひ。お問い合わせ、お申込みはil paraisoさんまで~♪ 昭和の一軒家を思わせる素敵なカフェです。
by nicecuppatea | 2013-12-04 20:36 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by eatsleeplove at 2013-12-05 06:31
はじめまして!!
サンフランシスコ郊外に住んでます。
庭仕事と手作りが大好きなんですが、最近初めてハマナカのエコクラフトという物をしり、すぐはまる私は色々調べたのですが、材料費が高くてエコって感じがしないのと材料が手に入らないということから、自然な素材で作れるものを探していたら、こちらにたどりつきました。
やっぱりエコクラフトより温かみがあっていいですね!!あたしも犬を連れて近くの山にハイキングに行くので、ツルを探してきたいと思っています。
庭仕事ができない冬の新しい趣味を見つけてしまって、今年の冬はめっちゃ楽しくなりそうです。
まだ見よう見まねでバスケット一個目を作ってる途中ですが、いつかアフリカのバスケット編んでみたいとか、いろんな国の籠編みを見に行きたいとか、夢を膨らませています。
こちらでまた色々勉強させてもらいますね。アメリカはサンフランシスコのほうはいらっしゃいますか? 

調べれば調べるほどわけがわからなくなってくる英語の用語、、、Reed,Wicker, Rattan......日本の藤ってWisteriaのことなのかしら、、とか。。。
長々失礼しました~~~
Commented by nicecuppatea at 2013-12-05 19:57
eatsleeploveさん、
コメントありがとうございます。はい、材料にお金をかけたくない、って気持ちは、私も全く同様でした(笑)だって、もっと趣があって、誰にも使われていないものがいっぱいあるんですから。

私も外国のバスケット本を集めるのが、ある意味趣味になってます。もう民芸品レベルのものを見てしまうとキリがないくらいたくさんありますけどね。主に北の国のものは木で編む(ヤナギとかオークのスプリントとか)、温帯の日本などではアケビ、藤などのツル、そしてアフリカとかハワイなど熱帯性の場所では草やパームなどの葉っぱのものが多いみたいで、色々深いなーと思います。

Wisteriaは、おっしゃる通り藤のことだと思います。イギリスやアメリカのバスケット本を買っても、紹介している素材が日本のものと若干ずれるのが、面白くもあり、難しくもあり。。。

ぜひまた、お立ち寄り下さい~
<< 順応するチカラ 「権蔵の過去」のプロファイリング >>