気が付けば

11月3日はご近所、航空自衛隊入間基地の年に一度の「航空祭」。

基地の隣の公園の駐車場は、朝6時前には、甲信越や、東北、遠くは近畿地方のナンバーの車で埋まります。

お目当ては昼頃の「ブルーインパルス」の飛行ショーで、それをを見るための場所取りで早く来る、と聞いたことがありますが、おそらく普段入れない基地内に入れて、出店もたくさんでるということで、その雰囲気を楽しみに来る人も多くいるのでしょう。最寄り駅を出ると、人でごった返し、数十メートル先の踏切を渡り、基地内に入るまで一時間もかかった・・・と聞くので、その混雑たるや、ものすごいものなのでしょう。

で、その公園から、信号を渡ったお向かいのエリアで行われたのが、ジョンソンタウンのワンデーマーケット。普段は手作り好きそうな、女性のお客様が多いのですが、今日は三世代の家族連れや、一眼レフのカメラをかけ、アメリカの空母の名前が入ったキャップをかぶった男性や、ミリタリージャケットの男性のグループが多く、客層の違いを感じます^^でも、やはり人通りが多い!

さて、わが「看板犬」ピーチ。どちらかというと、大張り切りで愛想を売るタイプではなく、みんなが盛り上がると、ちょっと斜めからそれを眺めているところがある仔なので、「看板」といっても、テーブルの隣で「ずちゃ~」という感じで、寝そべっている時間がほとんどです。まぁ、もう歳だっていうのもあるんですが。

その「ゆるい」看板犬ぶりを、気に入ってくださる方も多く、何より、何されても絶対牙をむかない穏やかぶりは、子供たちに大人気。

「わー、おっきなワンワン!」とお子さんが触りたそうに近づいてきた時は、「大丈夫、ぜったい噛まないから、さわっていいよ」と答えます。すると、お子さんたちは恐る恐る小さい手を伸ばしてきます。

ピーチは、というと、じーーーっと、なでられています。時には「かわいーーー!」とたくさんのもみじのような手がピーチのあちこちを一度にさわってくれます。見ていると、ピーチはやはり、「子供」とわかって、黙って触られているようです。

そもそも、人とかかわりを持つことが大好きな犬なので、イヤではないと思いますが、おそらく彼女がお相手をした小さいお客さんの数は、その隣でカゴを売っている私がお話したお客さんの数より、ずっと多いはず^^

ピーチ、立派な看板犬だったよ。で、気が付けば長かった一日もあっという間に終了。ピーチの仕事ぶりをカメラに収めそびれてしまいました。ごめんね、ピーチ。

あるのは、ちょっと文句言いたげな顔の写真だけで^^;;
e0151091_2026646.jpg

そういえば、カゴの写真も、一枚もないわ。。。
by nicecuppatea | 2013-11-03 20:29 | Willow Cottage | Comments(0)
<< それでもまだ、カゴを編む 準備はまだまだ進行中 >>