「ほっ」と。キャンペーン

ヤナギ眼

ここのところ、かご編み生活も色々な経験があり、充実していますが、平日の仕事のほうでも色々なところに行く機会があり、なかなか変化に富んでいます。

昨日、伺う約束をしている場所へ、駅から400メートルの道を急ぎ足で向かっていました。、と、道のわきの公園に大きなシダレヤナギの木を発見!
e0151091_19285613.jpg

あの枝のさらさらとしたシルエット、特徴的な葉の裏の白みによって、全体的にうす白いグリーンにみえるキャノピー。私はどこを歩いていても、意識をしていなくても、なんだかヤナギの木は「レーダー」にひっかかるようになっているらしい^^枝は葉を取って保存すれば、採った季節によって、様々な色で艶のある素敵な編み材になります。…ということで、木を見つければ即、その下に枝が落ちていないか、確認するクセが。

こんな状態を我が家では「ヤナギ眼」、などと呼んでいます・笑

で、昨日の道すがら。急いでいたので、あたりだけつけてとりあえず仕事へ。帰りがけに、早速木の下をチェックすると先日の荒天によるものか、けっこうたくさん枝が落ちてました♪
e0151091_19294290.jpg

葉っぱを落として。
e0151091_19302273.jpg

この細いヤナギの枝で、ちっちゃなバスケットを。
e0151091_19312719.jpg

いったい、仕事、真剣にやってんのか?と、言われそうですが(^^;仕事も、かご編みも、できるだけ。

このヤナギのミニバスケットは、今日の狭山市楽市楽座で、無事、嫁入りしました♡その様子などはまた後日。
by nicecuppatea | 2013-09-28 19:37 | バスケット編み | Comments(0)
<< ツルの素性 ミニバスケットづくり講習、開催... >>