夏の終わり

まるで終わることのないように思われた厳しい夏も、時期が来れば終わるものだ・・・と、改めて感じた今年。

屋上のコンテナに植えてある、キュウリやゴーヤの葉が、朝、水をあげ忘れても、夜、しなびてなかったり。

一時期、葉が黄色くなって、成長の止まっていたつるなしインゲンが、また新しい葉や花をつけ始めたり。

早朝、真夜中と、暗闇でも、昼と同じように蒸し暑く、聞こえていたセミの声も、気がつくと、秋の虫の声に変わっていたり。

ブルーベリー収穫最盛期の1か月ほど前、朝4時に車で畑に行こうとしたら、クルマのタイヤの上で羽化したばかりのアブラゼミが羽を乾かしている最中でした。いったい、どこから歩いてきたのか。
e0151091_19361255.jpg

最近では気が付くと、道のいたるところで命を終えたセミの姿が。

季節は、間違いなく進んでいるのですねー。
by nicecuppatea | 2013-09-12 19:36 | 暮らしのアイデア | Comments(0)
<< 枯れ枝と枯れ草と、錆びたワイヤー バスケットの素材探し >>