綿繰り講習

先日、このバスケットの用途は明日!と言ったきりなっていました。

で、こちらがその、通勤時間中に編み上げだバスケットの用途。
e0151091_20372363.jpg

畑で摘んだブルーベリーとイエローラズベリーを詰めて、先々週金曜日、会社を休んで知り合いのお宅へお邪魔しました^^

知り合い、と言ってもこちらが無理やり知り合いになってもらったようなもので。

5月に狭山市の手作り市に参加した際、私がディスプレイしていた和綿の小さなブーケを見つけた方が「私も棉を育てて糸を紡いでいるんですよ〜」と教えて下さったのです。

綿花から種をとり、糸紡ぎをする方法を習いたい…というのは、私のかねてからの強い願いでした。誰か、教えてくれる人はいないか、、、と去年の夏ごろから色々と手を尽くして探していたのですが、なかなか近隣でそんな人は見つからず。。。そんな時にその方が声を掛けてくださったのですから!初対面のその方に唐突に「糸紡ぎを教えてください!」と、お願いしてしまいました。

やぶから棒なお願いだったにもかかわらず「ウチまで来て頂ければいいですよ」と快諾してくださったその方のご自宅に、晴れてお邪魔することになったのです。

しかも、数年前にネットオークションで落としたものの、ネジの不具合で使い物にならず、無用の長物と化している、綿花の種をとる「綿繰り機」がある、と話すと、「ダンナは何でも自分で作るヒトなので、もしかしたら直せるかもしれません」と言って下さったので、それに甘え、「ではちょっと見てもらえますか?」と、わざわざダンナ様のお仕事が休みでご自宅にいらっしゃる日を選んで伺うというずうずうしさ。

7~80センチある大きな古民具を抱えて初めてのお宅にお邪魔しました。

唐突に教えてください、とお願いした糸紡ぎアンド綿繰り機の修理。「お礼」を考えても、適当な額というのが思いつかず、そもそも、きっとお断りになるだろう、と。。。

それで今、旬である畑のベリーをお土産に持っていくことにしたのでした。

お宅は、思ったとおり、郊外の住宅街に奇跡的に残った畑の真ん中に、国産材で建てられた、まきストーブつきの素敵な場所。外気温は35度だというのに、冷房なしでも快適な風の入る、不思議な空間でした。

きっと無農薬の地元産のベリーだったら、食生活に合うのではないか、と想定。喜んで頂けたのはよかったけど、シーズン初めで思った以上にまだ酸度が高かったのだけが、予想外^^; すみません〜。。。

「すっぱ!」というリアクションでしたが、きっとあの方のことだから、ジャムなりソースなり、無駄にすることなく
使い切って頂いたのではないかと思います。

はたして、ダンナ様により、綿繰り機は修理され、私も曲りなりにも糸紡ぎの原理がわかるように。今日、晴れてここ7~8年の懸案事項が、解決された感じです。
e0151091_20382093.jpg

その方の家には心躍るような手作りの品がたくさん。こちらは手編みのバスケットと手紡ぎ木綿の糸。
e0151091_2038453.jpg

やはり、本質的に効相性の感じです。

では、なぜ私はバスケットだけでなく糸紬ぎまでやりたいのか?

これについてはまた別の機会に。
by nicecuppatea | 2013-07-23 20:38 | 暮らしのアイデア | Comments(6)
Commented at 2013-08-12 14:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 元OPS at 2013-08-24 21:24 x
そのうち、電車の中で「私にかご編みを教えてください!」と話しかけられるに違いない…。
Commented by nicecuppatea at 2013-08-25 09:23
田中さん、

お返事が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした<(_ _)>ここのところ、ブルーベリーの収穫で会社にいる時間以外、ほぼベリーを詰めているか、寝ているか(笑)で、ほとんどネットに接続のない、いつもに輪をかけてアナログな生活をしておりまして。。。ごめんなさい。
あの日は、本当にあつかったですねー!初めての参加でドキドキしていたのに、お会いしたことのあるかたで、しかもラブづれ、ということで私たちも安心してお話しすることができました。ぜひブログも拝見させていただきます~
Commented by nicecuppatea at 2013-08-25 09:28
元OPSさん、
最近、ついに受けてしまいましたよ。9月23日(祝)地元のカフェで、3時間ほどのミニバスケット編みコースを開催することになりました。椅子の数の関係で、「8人を限度に募集しましょうね」とownerさん。「まさか、そんなに集まるわけないし・・・はっはっは!」といっていたのですが、おととい「8人、埋まりましたよ~♪」というメールを頂き、すでに眠れぬほど緊張したりしてます(笑)材料の量とか、量ったこともなかったし。またひとつご縁を頂き、うれしいかぎりですが、当分あれやこれや考える日が続きそうです。電車で声かけられたら、試しに教えちゃうかも・笑
Commented by myi. at 2013-10-02 23:29 x
こんばんは はじめまして

綿 ドライフラワーで 検索していて こちらにたどり着きました
私も 去年 友人に種をもらい 今年初めて育てました
クリームがかった白い綺麗な花が 次の日にはピンクになりしぼんで
しばらくするとコットンボールが出来る
ほんとうに育てながらわくわくします
今日 この記事に出会って なんて素敵だろうと感激です
花が咲いた頃 近所の散歩中のおじさんが 私の育ててる綿を見て
『昔は ばあさんが 綿繰り機を使ってた』って話されてたのを思い出しました
写真の綿は ふわふわですね
コットンボールの実が はじける前に 抜き取ってドライフラワーにされ
その後ひらいてから 使われてるんでしょうか
そうした方が良いと どなたかが 書かれていらっしゃったので
明日 さっそく 抜き取って ドライフラワーにしようと思っています
初めてなのに 長い書き込みで申し訳ありません
嬉しかったので
Commented by nicecuppatea at 2013-10-04 19:59
myi.さん、

コメントありがとうございます!綿花って、ほわほわしていて、なんだか植物というよりは動物的なかわいらしさ、ですよね^^

糸を紡ぐには、コットンボールがはじけるまで木につけておきます。そうすると、そのうちパカッと割れて雪のように白い綿がコットンボールからこぼれてきますよ。それで、コットンが十分伸びる、というか「熟す」感じです。感覚、ですけど^^;

もしドライフラワーにしたいならば、コットンボールが熟してはじける前に切り取り、逆さにしてつるしておくと、ボールがあとからはじけて綺麗な綿花の形が保てます。熟しすぎると割れた花弁?が開きすぎて、後から中身のコットンがぽろっと落ちてしまう、というのが、経験上の感覚です。

あ、ちなみにこれは和綿での話です。洋綿は茎や花弁が和綿と違って太かったり厚みがあるので、扱い方が違うかもしれません。

綿繰り、糸紡ぎを通じて、植物から綿ができ、それが糸になって、布に織られる、という長~い旅路の一端を感じました。もっと練習して習熟したいなと思っています。

またぜひブログにもお立ち寄り下さい~♪
<< 真夏のベリー摘み・・・ (通勤途中に)バスケットのできるまで >>