葛の再利用

何だかんだで、バスケットを作り出して早10年。一度作ると結構丈夫で、いつまでも家にある感じです^^;

そうなると、「あぁ、これ下手くそだったなぁ…」なんて思うものもでてきたりして。それでも性分なのでしょうか、なかなか捨てる、という勇気がわきません。

そもそも捨てられるはずのツルを使って編んでるんですがね(笑)

で、気に入らないけどずっと使っていたバスケットを、今回初めてほどいてみることにしました。せっかちなので、水につけて柔らかくなるのを待つのではなく、グラグラしたお湯で15分ほど煮てみることに。すると、古いバスケットも編んだばかりの時のようにしなやかで柔らかくなりました。
e0151091_2183587.jpg

で、昔とったけれど太すぎて使えていない、クズとツヅラフジのつるをどうにか丸めてあるものをフレームにして、ざっくりとしたバスケットを編んでみることにしました。

ポイントは、フレームのツルが太すぎてこれ以上ちいさな輪っかができなくて、このバスケットのサイズが決まってしまったこと。入れるものとか、置く場所の大きさとか、関係なく(^^;
果たして、何に使うのやら。編みながら、未経験の大きさにちょっと戸惑いを覚えたほど。
e0151091_2191939.jpg

で、できあがってみたら、34キロもあるピーチと同等といってもいいくらいの大きさに。ま、しばらくはマルシェのディスプレイとして使いましょうかね~
e0151091_21111030.jpg

by nicecuppatea | 2013-05-08 21:12 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 古着のリサイクル ツル採り散歩 >>